iPhone修理のアイアップ

iPhoneに入っている写真のバックアップ保存術まとめ

未分類

iPhoneのカメラ機能は高性能になっており、デジタルカメラや一眼カメラに負けず劣らない写真を撮ることができます。そんな大切な写真データ、そのままにしていませんか? 万が一、大切な写真データが入っているiPhoneが壊れたり、失くしてしまったり、盗まれてしまったら二度と復元させることはできません。そうならないためにもiPhoneに入っている写真データはバックアップをとるようにしましょう。バックアップをとっておけば仮にデータが消えてしまった際も復元することができますし、機種変更した際にも簡単にデータを引き継ぐことが可能です。今回は、iPhoneに入っている写真のバックアップ保存術をご説明します!

写真バックアップの方法は2つ

iPhoneに入っている写真のバックアップを行う方法は大きく分けて、iCloudにバックアップする方法とパソコンにバックアップする方法の2つがあります。パソコンにバックアップする方法は、WindowsとMacによって手順が変わってきます。

iCloudにバックアップ

  1. iPhoneをWi-Fiネットワークに接続します。
  2. 「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」を選択します
  3. iCloudと同期したい項目がオンになっているかを確認します。オフの場合はタップしてオンに変更しましょう。
  4. 「iCloud バックアップ」がオンになっていることを確認し、「今すぐバックアップを作成」を選択してバックアップが終わるまでWi-Fiネットワークに接続しておきます。
  5. バックアップが完了したら「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「iCloud バックアップ」→「今すぐバックアップを作成」の最後のバックアップ日時を確認して正常にバックアップが行われたかチェックしましょう。

パソコンにバックアップ

iPhoneの写真をパソコンにバックアップすれば、もとの画質を劣化させることなく綺麗なオリジナルの状態で、データを保存することが可能です。

パソコンへiPhoneの写真をバックアップする方法(Windows)

  1. USBケーブルを使ってパソコンにデバイスを接続します。
  2. iPhoneが正常に接続されたらエクスプローラー上にiPhoneが表示されます。右クリックをして「写真とビデオのインポート」をクリックします。
  3. 「○個の新しい画像とビデオが見つかりました」と表示されたら、「すべての新しい項目のインポート」を選択し「インポート」または「読み込み」をクリックします(「インポートする項目を確認、整理、グループ化」を選択し「次へ」をクリックすると取り込みたいアイテムを選ぶことができます)。
  4. ファイル名や保存場所を指定する場合は、「インポート」クリック前に「その他オプション」または「読み込み設定」を開き設定を変更します。
  5. 「インポート後に消去」にチェックを入れておくとiPhone内のインポートした写真データは削除されます。
  6. もしインポート中にエラーが発生した場合は、「再実行」を選んだ状態で「続行」をクリックします。
  7. 正常にインポートされると「ピクチャ」フォルダに写真が保存されます。この時、インポート日時をきちんと確認しましょう。

パソコンへiPhoneの写真をバックアップする方法(Mac)

MacへiPhoneの写真のバックアップをとる場合は、「iPhpto」「写真アプリケーション」「AirDrip」を使うことができます。

写真アプリケーション

  1. USBケーブルを使いパソコンにデバイスを接続します。
  2. 写真アプリケーションを起動します。
  3. 「読み込み」→「すべての新しい写真を読み込む」を選択します。
  4. 写真が表示されたら保存完了です。

iPhoto

  1. USBケーブルでデバイスをパソコンに接続します。
  2. iPhotoを起動します。
  3. 「○○枚の写真を読み込む」を選択します。
  4. 写真を読み込み、重複した画像がある場合は選択画面に表示されます。
  5. 読み込みが完了すると、iPhoneに写真を残すか残さないかの選択画面が表示されるので選択しましょう。
  6. 保存完了です。

AirDrop

  1. Finderのメニューバーより「移動」→「AirDrop」を選択し表示します。
  2. 「このMacを検出可能な相手」をクリックし「連作先のみ」または「全員」をクリックします。
  3. ファイルが送られてきたら「受け付ける」をクリックします。
  4. 「ダウンロード」フォルダに写真が保存されます。

バックアップ方法ごとのメリットとデメリット

バックアップには様々な種類があることがわかりました。それぞれにメリットとデメリットがあるので、簡単に解説します。

iCloud

iCloudを使ってバックアップをする方法は、パソコンなしでできるので簡単ですが、Wi-Fiネットワークに接続する必要があります。もしバックアップ中にWi-Fiが途絶えると一部写真データのバックアップが行われない場合があるので注意してください。また、無料版として利用できるiCloud上の容量は5GBまでなので、写真データが5GB以上の場合は、有料プランを契約して容量を増やす必要があります。

パソコン

パソコンにバックアップをする場合、容量はパソコン本体のストレージの空き容量によって変わってきます。iCloudとは違い空き容量の限り無料で使用することができます。AirDropを使ってバックアップを取る場合は、デバイスの距離感が9m以内でなければいけません。また、iPhoneとMacのどちらもWi-FiとBluetoothがオンになっている必要があります。

まとめ

iPhoneの大切な写真データを失ってから慌てないように、こまめにバックアップをとることをおすすめします。難しく面倒そうなバックアップもやり方さえ覚えれば簡単に行うことができます。ぜひバックアップを活用して大切なデータを残しましょう。iPhoneの故障などお困りの際は、アイアップまでお気軽にご相談ください。