iPhone修理のアイアップ

iPhoneのバッテリーの寿命を少しでも伸ばすには?

未分類

iPhoneにはリチウムイオンバッテリーという種類のバッテリーが使用されています。このバッテリーはノートパソコンやその他のスマートフォンなどで幅広く使用されていますが、繰り返し充電することで劣化してしまいます。最終的には、どこかのタイミングでバッテリー交換を行う必要がありますので、今回はiPhoneのバッテリーをできるだけ長く使うコツをご紹介いたします。

リチウムイオンバッテリーとは

リチウムイオンバッテリーのことを1から説明すると科学的な難しい話となりますので、簡単にご説明いたします。正式名称は「リチウムイオン二次電池」。二次電池ということは、一次電池も存在します。一次電池は、皆さんがよくお使いのアルカリ乾電池やマンガン乾電池です。テレビのリモコンや、目覚まし時計などに使われている使い切りタイプの電池です。一方、二次電池は使いきりではなく繰り返して使用できるものを指します。

どちらの電池も内部で化学反応が起きており、マイナス極からプラス極に電子が導線を移動させて電流を発生させています。一次電池は化学反応が終われば電気を作れなくなってしまいますが、二次電池の場合は外部から電気を蓄えてあげることにより、化学反応を再び行う事が出来ます。ですが二次電池も永久的に再利用が可能な訳ではありません。外部から蓄電、放出を繰り返すと内部の導線などが経年劣化を起こし上手く蓄電、放電が出来なくなってしまいます。

iPhoneのバッテリーが経年劣化すると

iPhoneに搭載されているリチウムイオンバッテリーが経年劣化を起こすと、充電の持ちが悪くなってしまったり、端末の予期せぬ再起動が頻繁に起こるようになったり、最悪の場合、電源が全くつかなくなってしまう事もあります。最近ではAppleよりバッテリーの経年劣化を確認した旧端末では通常より性能が下げられパフォーマンスが悪くなるという事を公表しました。

Apple公式サイトより:iPhone のバッテリーとパフォーマンス

これはiPhoneの意図しない再起動を回避するものだと説明がありましたが、ユーザーに告知なく行っていた為、大きな問題になりましたね。このためiPhone旧端末ユーザーは経年劣化がバッテリーに起きていると動作が重いなど感じられるかもしれません。

iPhoneのバッテリー健康状態を確認する

iPhoneのiOS11.3以降では、端末からバッテリーの健康状態が確認できるようになっています。

ホーム画面の「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態(ベータ)」と進むと、「最大容量」に現在バッテリーに充電可能な最大容量が%で表示されるかと思います。

Apple公式では充電サイクルを500回繰り返した後も本来のバッテリー容量の80%を維持するように設計されていると記載されています。500回とは、1日1回フル充電を行ったとすると、1年半後には80%を下回っている可能性があります。

ほとんどのユーザーは、バッテリー容量が本来の80%を下回ると体感的にもバッテリーの減りがとても早く感じるようになります。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる

バッテリーが経年劣化する原因はいくつかありますが、バッテリーへの高負担が原因になることがほとんどです。

例えば100%まで充電が行われているのに、充電ケーブルを挿したままオンラインゲームや動画鑑賞を行っていると、充電と蓄電が急速に繰り返されてバッテリーには高負担となってしまいます。

また、ほとんどの人が使ったことのあるモバイルバッテリー、信頼できるメーカーの高品質なものであれば大丈夫ですが、どこで作られているのかもわからないような品質の悪いケーブルやモバイルバッテリーを繰り返し使用すると、電圧が不安定になりバッテリーやiPhoneの基板に悪影響を及ぼします。同じように車で充電を行う際も注意が必要です。車のエンジンをかける際などの充電器を挿しておくと最初の間だけ充電が高出力でされてしまう事があります。車で充電していたら、ある日突然、iPhoneが充電できなくなってしまう現象が多いのはこのためです。iPhoneにとって非常に危険になりますので気をつけるようにしましょう。

バッテリーを長く使うには減ってしまったらすぐに充電を行うのではなく、30~50%程まで使ってから充電するという使い方が良いでしょう。充電する際もなるべく純正かAppleより正式に認可を受けた充電ケーブルとACアダプタを使用するなどした方がバッテリーの経年劣化を抑える事ができるかと思います。

バッテリー交換

経年劣化はいくら上手に大切にバッテリーを使用していても、完全に止めることはできません。iPhoneのバッテリー交換時期は2年程だと言われていますので、交換時期がきたらバッテリーを取り換えるのが一番効率的です。最近ではiPhoneのバッテリー交換の方法は調べればいくらでも出てきますが、失敗してバッテリー以外の部分を傷つけてしまう恐れもあるので、なるべくApple直営店、Apple正規サービスプロバイダ、町の街の非正規修理店を利用することをおすすめいたします。iPhoneを購入したキャリアショップなどでは修理も交換も受け付けてくれませんので注意が必要です。

Apple直営店、Apple正規サービスプロバイダでバッテリー交換を行うとデータが初期化されてしまいますので、交換前にバックアップをとるなど事前の準備が必要です。

町の修理店であれば基本的にはデータそのままで修理を受け付けておりますので、お急ぎの方には便利です。ちなみに、アイアップではデータそのまま最短10分でバッテリー交換を行っておりますので、お困りの際にはぜひご相談ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhoneに搭載されているバッテリーの仕組み、長持ちのコツを簡単にご紹介しました。バッテリーの経年劣化は発熱や膨張にも繋がってしまう危険なものとなりますので、異常が確認できた際には早めの交換を推奨いたします。