iPhone修理のアイアップ

交換したてのiPhoneのバッテリーの減りが早い!その原因と対策

未分類

お気に入りのスマートフォンはできるだけ長く使い続けたいものです。今日のiPhoneをはじめとするスマートフォンは非常に高性能ですので、少々古くなってもスペック的には十分に使えます。しかし、長く愛用し続ける上でネックとなりやすいのがバッテリーです。充電池には寿命があり、充電・放電を何度も繰り返していると、少しずつ劣化し、充電可能な容量が減っていきます。最近ではiPhoneのバッテリー交換や修理を行ってくれる専門業者も多くなっています。しかし、交換したてであるにも関わらず、バッテリーの減りが早いというケースも少なくありません。そこで、今回は交換したてのiPhoneのバッテリーの減りが早い原因とその対策についてお伝えします。

交換したてのバッテリーなのに電池の減りが早い原因

適切な方法で正常な新品のバッテリーに交換した場合、基本的には問題は起こりません。新品と同じように、バッテリーの持ちは良くなるはずです。では、どうして交換したてなのに減りが早い、といった事態が起こるのでしょうか?この場合、いくつかの理由が考えられます。

バッテリーそのものが不良品である場合

正規品のバッテリーであっても、不良品であるケースがあります。別メーカー製の互換品の場合、さらに不良品や粗悪品の割合は高くなるといわれています。言うまでもなく、バッテリーそのものが不良品であったり元から容量の少ない粗悪品であったりすれば、たとえ交換した直後であっても減りが早くなってしまうのです。

新品のバッテリーだから安定していない

メーカーから出荷された新品のiPhoneのバッテリーはテストを兼ねて一度充電・放電をされていることから、最初からその性能を十分に発揮することができます。しかし、まったく使用されていない新品のバッテリーは、充電・放電の効率や容量が不安定になることがあるのです。この場合、何度か充電・放電を繰り返しているうちに安定していくため、減りが早くなるといったことはありません。

本体やシステムの問題

バッテリー側ではなく、iPhone本体側の問題であるケースもあります。何らかの機械的な不調やシステム上の問題によって、バッテリーを正しく認識することができず、交換した直後であるにも関わらず、減りが早くなってしまうことがあるのです。

電池の減りが早いバッテリーの特徴

バッテリー側に問題がある場合、減りが早いものにはどんな特徴があるのでしょうか?いくつかのポイントに分けてまとめてみました。

正規品のバッテリーではない

他のスマートフォンと比較して、iPhoneは人気が高いこともあって、互換バッテリーも多く流通しています。先ほども少し触れました通り、互換品の中には不良品や粗悪品も少なくないのです。また、安価なものの場合、もともとの容量が低いなど、根本的な問題を抱えているケースも……。とはいえ、正規品のバッテリーは公式に流通しているわけではありませんから、どうしても互換品に頼ることになります。しっかりとした検品のできる修理店や販売店を選ぶ必要があります。

中古のバッテリー

修理店によっては、新品ではなく中古のバッテリーへの交換が行われているケースがあります。当然、中古であればすでに劣化している可能性が高いため、それがたとえ正規品であったとしても、バッテリーの減りは早くなります。バッテリーを自分で交換する場合でもなければ、直接現物を目にすることはないかもしれませんが、もし、確認できるのであれば膨張が起こっていないかをチェックしてみましょう。劣化が進んでいるバッテリーは膨張するため、はっきりとバッテリーの中央などに膨らみを確認できることがあります。

減りが早いバッテリーの対策方法

基本的に、減りが早いバッテリーは劣化しているか、何らかのトラブルを抱えているケースがほとんどです。そのため、新品への交換が望ましいですが、その前に自分でできる対策をいくつかご紹介します。

不要なアプリを削除する

長く使っているiPhoneの場合、不要なアプリが多くインストールされているというケースも多いでしょう。そのアプリを起動していなければ影響はない……そう考えている方も多いかもしれませんが、気が付かない内にバックグラウンドでアプリが動いており、バッテリーの消耗を早めているというケースも多いのです。もちろん処理能力にも影響しますので、できるだけ不要なアプリは削除するように心がけましょう。

充電をしながらの長時間の使用を避ける

充電しながら長時間iPhoneを使用しているという方は多いのではないでしょうか。ゲームや動画コンテンツの鑑賞などはバッテリーの消耗も激しいため、ついつい充電しながらになってしまいがちです。しかし、バッテリーには悪影響。目安としては、本体が熱を持ったら使用か充電のどちらかを中止しましょう。

すぐに修理店に持っていくのがオススメ

上記の通り、バッテリーの減りが早くなった際にはいくつかの対策があります。しかし、これらはあくまでその場しのぎに過ぎません。問題を根本的に解決するためには、やはりバッテリーを交換しなければなりません。いずれは修理店などに持ち込むべきでしょう。ただし、お店によっては先ほどもご紹介した通り、すでに劣化している中古品や、不良品や品質の低いバッテリーへの交換を行っていることがあります。そのため、必ず信用できるお店を選ぶようにしましょう。信頼できる店舗を選べば、バッテリーを交換したにもかかわらず減りが早いというトラブルはありません。アイアップでは品質の良いバッテリーを使用していますので、バッテリーに問題を抱えている方は、どうぞ安心してお問い合わせください。

まとめ

スマートフォンがいくら高性能になっても、現時点ではバッテリーの劣化は避けることができません。使い方にもよりますが、一般的に2年程度でバッテリーの劣化が進み、減りが早くなったり、実用に支障が出たりするケースが多いようです。さらに、そのまま使用し続けると膨張などによって本体を破損してしまう可能性もありますから、バッテリーの劣化を感じたらできるだけ早く修理店へ持ち込みましょう。