iPhone修理のアイアップ

充電できないときに試したい!iPhoneのライトニングコネクタ(ドックコネクタ)の掃除術

未分類

「いつも通りiPhoneにライトニングケーブルを差したのに充電がされない……。コンセントもきちんと刺さっているのに何で?」

こうしたトラブルに見舞われた際は、ライトニングコネクタ(ドックコネクタ)の内部を覗いて見ましょう。ゴミやホコリがたまっていれば、それが充電不良の原因かもしれません。今回は、iPhoneが充電できないときに試したいライトニングコネクタの清掃術についてご紹介します。

iPhoneが充電できないと思ったら、コネクタ内をチェック

iPhoneの充電不良の原因にはさまざまなものが考えられます。ただし、意外にもシンプルな理由で充電ができなくなっているケースも少なくありません。そのひとつが、ライトニングコネクタのホコリです。

iPhoneはライトニングケーブルの先端にあるゴールドの金属と、ライトニングコネクタ内にある同じような金属とがふれ合うことで充電がされます。この部分がホコリでおおわれてしまうと、金属がふれ合えなくなり、電気が流れなくなってしまうのです。

そのため、充電がされなかったり途切れたりする場合は、はじめにコネクタ内のホコリやゴミをチェックしてみましょう。見えにくい場合は、懐中電灯などで照らしてみるといいかもしれません。

コネクタの掃除術

もしもライトニングコネクタ内にホコリやゴミがたまっており、それが充電できない理由の場合は清掃を行いましょう。ご自宅でも簡単にできるので、ぜひお試しください。

掃除術1:空気で掃き出す

定番とも言えるお掃除方法です。まずはライトニングコネクタに向かって息を強く吹きかけてみましょう。これでホコリが吹き飛んでくれれば清掃完了です。ただし、息を吹きかけるときにツバが飛ばさないようご注意ください。不衛生なだけでなく、ライトニングコネクタ内に水分が浸入することで故障の原因につながる可能性があります。

また、よりピンポイントで空気を吹き付けるアイテムとしてエアダスターがあります。ガスの力で強力な空気を送り出せるこの商品は、家電量販店のパソコンコーナー付近に置かれていることが多いです。今後の清掃にも役立つので、ぜひ1本用意してみてはいかがでしょうか。

掃除術2:もので掻き出す

空気だけでは取り除けない大きなゴミや、ライトニングコネクタ内部にこびりついてしまったホコリを落とす場合は、先の細いものを利用しましょう。たとえば、爪楊枝や綿棒、SIMカード取り出しピンなどを使ってみてください。うまく掻き出せれば、充電不良を簡単に解決できます。

ただし、ここで注意しなくてはならないのが力の入れすぎです。特にSIMカードの取り出しピンや爪楊枝などは先が非常に細く圧力もかかりやすいため、基板を傷つけてしまう可能性があります。そのため、ゴミやホコリを掻き出す際には優しい力で何度も繰り返すことが大切です。

ケーブルの断線もチェック

ライトニングコネクタ内部をしっかりと清掃したにもかかわらず充電ができない場合は、ライトニングコネクタかライトニングケーブルのどちらかに問題が発生している可能性があります。そのため、まずはケーブルの断線を疑ってみましょう。

iPadや他のiPhoneにライトニングケーブルを差してみる

もしもiPadを所有していたり、家族や友人にiPhoneを持った人がいたりするのであれば、その端末を使ってケーブルのチェックを行いましょう。接続して問題なく充電ができているのであれば、ケーブルの断線が原因ではありません。

別のライトニングケーブルでiPhoneを充電してみる

普段使っているライトニングケーブル以外のケーブルを使ってiPhoneを充電してみてください。問題なく充電されるようなら、普段使っているライトニングケーブルが断線している可能性が高いです。

コネクタ自体がダメなら修理店で交換しましょう!

ライトニングコネクタの清掃とケーブルのチェックを行い、なおも充電ができない場合はライトニングコネクタ自体に故障が起こっている可能性が考えられます。この場合は、修理店へ持ち込んでパーツ交換をしてもらうようにしましょう。

ちなみに、ライトニングコネクタ自体には問題がなく、内部の基板やバッテリーに問題があるケースもないとは言い切れません。修理店に持ち込めば、どこが故障しているかなどをしっかりチェックしてもらえるので安心です。

アイアップにぜひお持ち込みください

アイアップでは、iPhoneの充電不良における修理にも対応しています。ライトニングコネクタの修理はもちろん、その他の故障にも幅広く対応しているのでどんなことでもお任せください。なお、バッテリー交換になった場合には、国の安全基準に適合したPSEマーク付きバッテリーをご用意していますので、より安心です。

なお、修理自体はパーツ交換になるのでデータが消えるようなことはありません。LINEのアカウントや履歴もそのままですし、各種SNSのデータも残ります。ライトニングコネクタ交換であれば即日修理にも対応しておりますので、ぜひお持ち込みください。

まとめ

iPhoneが充電できないときは、まずはじめにライトニングコネクタの清掃を行ってみましょう。次にライトニングケーブルをチェック。それでもダメなら、修理店へ持ち込んで適切な修理を行ってもらうのがおすすめです。お困りの際はぜひアイアップまでご相談ください。