iPhone修理のアイアップ

iPhone 7のカメラが映らなくなっちゃった!真っ暗!

未分類 旅行などにでかけたときに綺麗な景色を写真におさめておこうとiPhone 7を取り出して構えたけど「真っ暗で何も映らない!」そんなカメラが映らなくなってしまった時、修理に持って行かなくても直せるかもしれません。これから挙げる対処法はご自宅でも試せるものなのでカメラが映らなくて悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

そもそもカメラレンズを覆っているものはないか?

単純なことですがカメラを起動したときに指で覆ってしまっていたり、ケースを手帳型に取り換えたばかりでその干渉により暗くなっているなんてこともあります。

インカメラとアウトカメラを切り替えてみよう!

iPhone 7には画面表面と裏面の2ヶ所にカメラが搭載されています。表面の方は自撮りするときなどに使用するカメラで「インカメラ(またはフロントカメラ)」、裏面の方は普段使用するカメラで「アウトカメラ(またはバックカメラ)」と呼びます。 カメラを起動すると画面端にインカメラとアウトカメラを切り替えるアイコンがあるので、それをタッチしてみましょう。カメラを切り替えることで映りが戻るかもしれません。

カメラアプリを再起動!

現在起動しているカメラアプリを一度終了して、再度起動します。ホームボタンをダブルクリックすると現在起動しているアプリ一覧がでてきます。一旦全てのアプリを消してから、再度カメラを起動することで通常通り映るかもしれません。

それでもダメなら本体を再起動!

iPhoneには複数のアプリが入っているため、カメラが映らない不具合の原因がその他ででている可能性もあるので、一旦本体自体を再起動してみましょう。 本体の再起動方法は2つあります。 スリープボタン(電源ボタン)を長押しすることで画面に「スライドして電源オフ」と表示されるので指示に従いスライドすることで画面が消えて電源が落ちます。そのあと再びスリープボタンを長押しすることで電源を入れることができます。 もう1つは強制的に電源を落とす方法です。 iPhone 7の場合は、スリープボタンと音量のマイナスボタンを同時に長押しすることで電源を落とすことが出来ます。 ※この方法は画面がフリーズ(固まってしまったり)したときにも有効ですが、あまり頻繁に行うのはよくないので、不具合がでたときにだけ試しましょう。 最後の手段はiTunesに繋いでの復旧! iPhoneが正常に使用できなくなったときは、パソコンへ接続して復元または更新を利用して復旧します。この復旧には二通りあります。 更新というのはiPhoneがリンゴループなどに陥ったときに行う作業で、端末内のソフトウェアを最新状態にアップデートし、内部の不具合を取り除くものになります。 復元というのはiPhoneの端末を初期化する作業です。これを行うとiPhoneは購入時と同じ状態になり、更新とは違い中に入っているデータは全て消えてしまいます。 そのため、復元を行う際は必ず事前にバックアップを取っておきましょう。iTunesに接続してバックアップを取っておく方法とiCloudに接続してバックアップを取っておく方法と2つあります。バックアップをとっておけば、初期化したあとにバックアップデータを戻すことが出来ます。

カメラ自体が故障しているかも・・・

iPhoneを初期化しても直らないとなるとカメラ自体が故障しているかもしれません。 どこかで落としていたり、水がかかったりなど、そのときは問題がなかったけれどそれが今になって発症したのかもしれません。故障しているとなると修理にだして、内部をみてもらうしかありません。 購入から1年以内でしたら、保証(Apple Care)がついています。また延長保証(Apple Care+)に加入していれば購入から2年以内は保証で対応してくれるので、公式店へ持って行くのがおすすめです。 保証期間が過ぎていた場合は、iPhone修理専門のお店へ持って行きましょう。公式店だと保証対象外の場合は修理費用も高くつき、受付から対応までの待ち時間で数時間、3日ほど預けての修理となるなど時間もかかります。その点、街の修理店だと公式店の価格の半分以下で直せるケースもあり、ほとんどの修理は即日受け渡しで返ってきます。お店によって価格が違ってくるので事前に調査し、問合せてから行きましょう。

まとめ

カメラが映らなくなってしまったときは、焦って修理へ持って行くのではなく、落ち着いて上記の対処法を試してみましょう。お金をかけずに直るかもしれません。 それでも直らない場合は、修理店へ持ち込みましょう。公式店以外の修理店だと料金体系も様々なので、事前にきちんと調べましょう。 iPhone修理専門店の「アイアップ」は2011年から修理業を開始おり、今年で7年目になります。ガラス割れやバッテリー交換はもちろんカメラの不具合交換を含む細かい部品の修理も行っております。学割・SNS割の他キャンペーンなども行っています。公式店では修理にかかる時間もカメラ交換であれば15分程です。なるべく安く、時間をかけずに修理を済ませたい方はぜひ「アイアップ」へお越しください。

この記事を書いた人

伏見侑也

iPhone修理のアイアップ町田店店長。
現場でのiPhone修理はもちろん、自社ホームページの運用も担当しています。