iPhone修理のアイアップ

iPhoneを修理に出す時は「iPhoneを探す」をオフにすべし!

未分類

iPhoneに何らかの故障が起こった場合には、はじめから入っている「iPhoneを探す」というアプリをオフにしなくてはなりません。今回は、そもそも「iPhoneを探す」とは何なのか? どうして修理を依頼する時にオフにしなくてはならないのか?具体的な操作方法についてお伝えします。

最初から入っている「iPhoneを探す」はどんなアプリ?

「iPhoneを探す」とは、その名のとおりiPhoneを探すためのアプリです。iPhoneがオンラインの状態であれば、パソコンのブラウザや所有しているiOSから現在の位置を追跡することができます。ただし、それだけが「iPhoneを探す」の役割ではありません。紛失時のことを想定し、さまざまな機能が使えるようになっています。

サウンドを再生

たとえば、部屋のどこにiPhoneを置いたのか忘れてしまうことはありませんか? そんな時は、「iPhoneを探す」の一機能である「サウンドを再生」を使ってみましょう。本体から電子音が鳴り続けるので、その音を頼りにiPhoneのある場所が分かります。

紛失モード

iPhoneをどこかに置き忘れてしまったり、落としてしまったりした場合は「紛失モード」を使いましょう。この機能の目的は、遠隔操作によってiPhoneをロックし、不正使用されることを防止することにあります。「紛失モード」になったiPhoneは、パスコードを入れない限り操作ができません。加えて、ロック画面に電話番号やメッセージを表示し、拾ってくれた方へ「連絡をください」とお願いすることもできます。

iPhoneを消去

「紛失モード」を使ったとしても、iPhone本体にはデータが残っています。個人情報などの流出を絶対に防ぎたいという場合は、「iPhoneを消去」を使いましょう。なお、これはあくまでも最後の手段です。追跡等もできなくなってしまいますので、紛失したiPhoneの発見を諦める時に利用してください。

修理依頼時に「iPhoneを探す」をオフにしなければならない理由

iPhoneの紛失時にとても役立つ「iPhoneを探す」は、iPhoneをセットアップした時点で自動的に機能がオンになっています。万が一の時に備え、この状態に変更を加えることはしないでおきましょう。ただし、iPhoneに何らかの故障が起こり、修理に出さなくてはいけない場合は、実は「iPhoneを探す」をオフにしなくてはなりません。

その理由は、「iPhoneを探す」のオン・オフは所有者本人にしかできないからです。なんと、開発・製造元であるAppleですら、「iPhoneを探す」をオフにすることはできないのだとか。紛失時の悪用を防ぐために、非常に厳重なセキュリティーとなっていることが分かりますね。

なお、修理だけでなく、iPhoneを売却したり下取りに出したりする際にも「iPhoneを探す」はオフにしなくてはなりません。ただし、ほとんどの場合は店員さんから操作を促されますので、その場で行えば問題ありません。

「iPhoneを探す」をオフにするには?

次に、「iPhoneを探す」をオフにする方法についてもご紹介します。操作ができる場合と、そうでない場合の2パターンの解説を行いますので、ぜひ参考にしてください。

iPhoneの操作ができる場合

故障等がなく、iPhoneの操作が通常どおりできるのであれば、「iPhoneを探す」をオフにするのは簡単です。以下の手順に沿って操作を行いましょう。

  1. ホーム画面にある設定をタップ
  2. 設定メニューの中から「iCloud」を捜してタップ
  3. 「iPhoneを探す」をオフにする
  4. Apple IDとパスワードを入力

ちなみに、「iPhoneを探す」をオフにしようとしてもスイッチが反応しない場合があります。この際は、「iCloud」のメニュー内にある「サインアウト」に入り、一度サインアウトを行ってください。

iPhoneの操作ができない場合

たとえばiPhoneが故障しており設定に進めない場合や、紛失などによって手元にない場合はパソコン、もしくは他のiOSを使って「iPhoneを探す」をオフにできます。

まずはパソコンを使った操作から。この場合は、はじめにiCloud.comにアクセスします。なお、アクセスの際にはApple IDとパスワードが必要です。また、Macをお持ちの方の場合、2ファクタ認証という機能がオンになっている可能性があります。この場合は、Macを使って操作を行うようにしましょう。

無事にiCloud.comにアクセスできたら、画面上部にある「すべてのデバイス」をクリックしましょう。その後、「iPhoneを探す」をオフにしたいデバイスをクリック。遷移した画面から「iPhoneを消去」をクリックします。これで、「iPhoneを探す」がオフになります。

次に、他のiOSを使った操作について。基本的な流れはパソコンの時と変わりません。ただし、ブラウザではなく「iPhoneを探す」アプリを使うと便利です。

なお、iPhoneがオンライン状態の場合は、「iPhoneを削除」という項目なく、「iPhoneを消去」しか現れません。誤って「iPhoneを消去」してしまうと、中のデータがすべて消えてしまうので注意しましょう。

まとめ

「iPhoneを探す」は非常に便利なアプリです。基本的にはオンのままにしておき、修理や買取に出す際にのみ、オフにするようにしましょう。なお、アイアップでは「iPhoneを探す」の操作に関するご相談も承ります。「修理に出したいけど、どうすればいいか分からない」という場合も、ぜひお気軽にお尋ねください。Apple IDとパスワードさえ分かれば、丁寧に操作方法をお伝えします。