iPhone修理のアイアップ

iPhoneのカメラにヒビが…被るデメリットとオススメの対処法

未分類 スマートフォンの普及により多くのユーザーが使用しているiPhoneシリーズ。これまでに多くのシリーズがリリースされ、iPhoneひとつでさまざまなことができる時代になりました。中、カメラ機能は新シリーズが発表される度に、画質がさらに良くなったり、新たな機能を搭載したりと大きく進化しています。そんな高性能なiPhoneのカメラもヒビやキズが入ってしまったら良い写真を撮ることは不可能になってしまいます。今回は、iPhoneのカメラにヒビなどの不具合が起きた場合のデメリットや対処法をご紹介します。

iPhoneのカメラにヒビが入る原因

iPhoneには自撮りが可能なフロントカメラと背面にあるバックカメラがあります。最新機種になると、望遠+広角のダブルレンズを搭載していたり、ポートレートモードが搭載されていることで食べ物や夜景をより綺麗に撮ったりすることができるようになりました。 高性能なiPhoneのカメラですが、iPhoneユーザーの中にはヒビやキズを入れてしまう方も多いようです。iPhoneのカメラにヒビやキズが入ってしまう原因の多くは、落としてしまったときの衝撃や当たりどころの悪さ、ポケットに入れたまま座って圧迫させてしまったときなどです。 iPhoneのカメラレンズは複数枚のレンズが重なってできています。その内の1枚でもヒビなどが入ってしまうと正常に写真を撮ることができなくなります。さらに、iPhone6以降のモデルになると背面にあるバックカメラレンズは少しでっぱったデザインとなっているため、背面から落としてしまった際に当たりどころによって運悪くヒビが入ったり割れてしまったりすることがあるようです。iPhone8以降になると背面がガラス製になったため、落として背面を割ってしまい、カメラレンズにも被害が及ぶケースもあるようです。

iPhoneのカメラにヒビが入った場合のデメリット

iPhoneのカメラにヒビが入ってしまうと多くのデメリットが生じてしまいます。ヒビの度合いにもよりますが、光の反射の邪魔をして写真が白くボヤけてしまったり、画面上にヒビの線が写り込んでしまったりと、とにかくストレスが多くなります。せっかくの高性能なiPhoneカメラも、こうなってしまっては綺麗な写真を収めることが不可能になってしまうのです。 ​​​​​​​さらに、カメラレンズのヒビが入ったままでいると、破損した部分を中心にパーツが取れてしまうことや、隙間からホコリや水が混入し、カメラ本体や他のiPhone内部の機器やパーツが故障してしまうおそれもあります。小さいヒビだからといってそのままにしていると、カメラ機能だけではなくiPhoneそのものにも悪い影響を与えてしまう可能性が高くなります。

iPhoneのカメラにヒビが入ったときの対処法

iPhoneのカメラにヒビが入ってしまったときは、これ以上事態を悪化させないように、カメラ周りを応急処置としてテープなどでカバーしておくと良いでしょう。自分でヒビが入った箇所の部品を交換することは、費用や抑えられるものの知識と技術が必要になります。iPhoneのカメラにヒビが入ってしまったら、やはり修理に出すのが大切だといえます。修理に出すまでの間に、ホコリや水が入ってしまいさらに大きな故障を招くおそれもあるため、それまではカメラの使用を控え、パーツが欠けたりしないように保護しておきましょう。

安心してカメラ交換を任せられるのは修理店!

カメラ周辺の不具合を直すなら、修理店を利用しましょう。個人でも直すことは可能ですが、知識と技術が必要になってきます。誤った修理によって、本体を破損して元に戻せなくなってしまうおそれもあります。iPhoneをお使いの方が利用できる修理店は主に下記の通りです。

Apple Storeなどの正規店

Apple Storeなどの正規店で修理を依頼する場合は、保証対象であるかどうかで修理費用が大きく変わってきます。修理を頼みたいiPhoneを購入してから1年以内であり、ユーザーの不注意ではない故障であれば無償交換の対象になりますが、不注意で落としてしまったといったケースは無償交換非対象になります。また、AppleCare+に加入していれば、12,744円で本体を交換することができます。AppleCare+に加入していない場合は、機種によって異なりますが、3万円~6万円の費用が必要になるでしょう。さらに、Apple Storeなどの正規店は、混み具合によっては即日修理ができないこともあるため、早急に修理をしてもらいたい人は注意が必要です。

専門の修理業者

Appleからの認証は受けていませんが、正規店よりも安い費用で修理を依頼することができます。また、即日対応可能な業者が多いため、早急に修理を依頼したい方や費用を抑えたい方におオススメです。その際は、アイアップをはじめとした信頼できる修理店にご依頼ください。

おわりに

iPhoneのカメラにヒビが入ってしまうと、せっかくの写真を綺麗な状態で撮ることが不可能となってしまいます。ヒビだけでは収まらずパーツが取れてしまうと、どんなに小さいキズでもその隙間からホコリや水が入り、カメラ周辺だけではなくiPhone自体を壊してしまうかもしれません。そうなってしまうと、修理費用も多くかかってしまうので気をつけましょう。