iPhone修理のアイアップ

iPhoneが熱いと感じたら… 発熱の原因と対処法をご紹介!

未分類

iPhoneを操作していると、本体が異様に熱くなることがあります。「このまま壊れてしまうのでは?」「もしかして爆発するんじゃないか…」などと、心配になってしまいますがiPhoneの発熱には必ず原因があります。ほとんどのケースでは修理の必要はなく、一人で対処することができますので、今回はiPhoneの発熱の原因と、その対処法をご紹介いたします。

iPhoneが発熱する原因!!

iPhoneが発熱する原因は以下の3つのいずれかが原因です。

  • 外的要因
  • 内的要因
  • バッテリーの不具合

それぞれ順番に解説していきます。

外的要因

外的要因で最も多いのが、真夏の直射日光です。iPhoneの大部分は金属パーツで構成されているため、熱を吸収しやすく発熱の原因となります。また、ポケットやカバンの中などの狭い空間に長時間入れておくことも同じく発熱の原因となります。

内的要因

OSのアップデートや動画の閲覧など、CPUに負荷のかかる作業を行うと発熱が激しくなります。その他、ブラウザ閲覧や、各種ゲームアプリなどすべての処理はCPUで行われているので個々のアプリは低負荷であっても、同時に複数のアプリを使用することによっても発熱します。

バッテリーの不具合

バッテリーの劣化による、不具合が原因で膨張・発熱するケースがあります。特に、100円ショップなどに売っている片面だけのライトニングケーブルやシガーソケットでの充電などは正常な電圧で充電できないことが多く、バッテリーの発熱だけでなく、基板に悪い影響を与えることもありますのであまり頻繁に行わないほうがいいでしょう。

iPhoneが発熱してしまったときの正しい対処法

iPhoneが発熱してしまう原因がわかりましたので、ここからは発熱時の正しい対処法の解説をしていきます。

涼しい場所に移動する

金属は熱しやすく冷めやすいと言われています。iPhoneも同様で発熱時は涼しい場所やエアコンの効いた部屋に移動することで放熱スピードを加速させて発熱を抑えることができます。

iPhoneケースを外す

衝撃や傷から守ってくれるiPhoneケースも熱にとっては敵になりえます。発熱がひどいときには一度ケースを外してみるのも効果的です。繰り返すようであれば、ケース自体を買い換えてしまうのも手のひとつです!その場合には金属製か通気性のいいものを選ぶようにしましょう。

iPhoneを休ませる

発熱時はiPhoneに無理をさせているということですので、少し時間を置くだけでも発熱を抑えることができます。5分放置するだけでも通常の状態に冷ますことができますよ。

iPhoneの発熱を抑える間違った対処法

ここまではiPhoneの発熱時の正しい対処法を解説しましたが、次は絶対にやってはいけない間違った対処法を紹介します。

冷蔵庫・冷凍庫に入れる

確かに、冷却効果はピカイチですが間違っても冷蔵庫や冷凍庫に入れてはいけません。発熱している状態のiPhoneを急激に冷やすことで内部げ結露が発生して水没故障の原因となります。

水に入れる

最近のiPhoneには防水機能が備わっているので、水に入れれは冷やせると思うかもしれません!しかし、iPhone本体の歪みやちょっとした欠けや傷があると簡単に浸水してしまいます。発熱を抑えようとして水没故障してしまっては本末転倒です。絶対にやめましょう。

まとめ

iPhoneが発熱する原因は、「外的要因」「内的要因」「バッテリーの不具合」の3つでしたね。

なるべく、iPhoneに負荷のかかる作業を長時間行うことは避けて、もしも発熱がひどくなってしまったときには、”涼しい部屋でiPhoneケースを外して放置する”これで素早く放熱することができますので、次にiPhoneが発熱してしまった際にはぜひ実践してみてください。間違っても冷蔵庫や冷凍庫には入れないようにお願いします。

それでも改善されない場合は…

思い当たる節がないのに、発熱を頻繁に繰り返す場合には基板の故障、あるいはバッテリーの寿命の可能性が高いです。バッテリーの寿命であれば交換することで症状が改善しますので万が一のときはアイアップまでお気軽にご相談ください。