iPhone修理のアイアップ

iPhoneで撮影した大切な写真データをバックアップする方法!

iPhone バックアップ

高性能のカメラ機能が搭載されているiPhoneで、写真をたくさん撮るという人が最近は増えていると思います。しかし、せっかく残していたiPhoneの写真データも、本体が壊れてしまったりデータ上のトラブルが発生したりすれば消えて無くなってしまいます。そうならないためにも、しっかりと普段からデータのバックアップをとっておくことが大事です。

今回は、iPhoneの写真データのバックアップ方法について紹介します。

そもそもバックアップって何?

万が一に備えてデータの予備を作っておくことをバックアップと言います。iPhone内に保存されているデータは、もちろんそう簡単に消える事はありません。iPhoneは手動または自動でデータをバックアップできる機能がついています。そのため、しっかりとした順序を踏んできちんとバックアップしておけば、データが突然消えてしまって慌てるようなこともありません。

また、容量が大きい写真データは、それだけでiPhoneの容量をかなり消費してしまうこともあります。写真データをバックアップしておくことは、突然の故障によるデータの喪失を防ぐことができるだけでなく、iPhoneの容量を上手に使うことにもつながります。なので普段からデータ内を整理しておくことをオススメします!

パソコン(Windows)でバックアップをとる

iPhoneの中に保存されている写真データをバックアップするには、iPhoneよりも容量が大きいパソコンを使うのが最も効率的です!Windowsでのバックアップ方法は、iPhoneからパソコンにデータを転送するというやり方です。

まずはiPhoneとパソコンをUSBケーブルでつなぎ、Windowsのエクスプローラーというところを開きます。そこを開くと、iPhoneのアイコンが表示されているはずなので、そこを右クリックして、「写真とビデオのインポート」を選択します。

すべての写真をインポートすることもできますし、インポートしたい項目を選ぶ事もできます。バックアップを取りたい項目を選択して「インポート」又は「読み込み」ボタンをクリックすれば、写真データのパソコンへのインポートが開始されます。

iCloudでバックアップをとる

パソコンが無いとバックアップは取れないのでしょうか?いえいえ、そんな事はありませんよ!iCloudというAppleが提供するクラウドサービスを利用すればパソコンが無くてもバックアップが取れます。もっと簡単に言うとインターネット上にデータを暗号化して保存する方法です。電話帳やメール、写真データはもちろんの事iPhoneに保存されている設定情報なども、ほぼすべてのデータのバックアップがとれます。Wi-Fiが使える環境であれば、どこでも簡単にiPhoneひとつでバックアップが可能です。外出先で、旅行先で大切なデータをその場でバックアップが取れるのは助かりますよね!後は1人暮らしでパソコンを持っていない、パソコン操作は自信が無いという方にも良いですよね。

ただ1つだけ、デメリットがあります。iCloud上には保存できるデータ容量に制限があります(>_<)無料でバックアップを取れるのは5GBまでなんです!それ以上のデータを保存したい場合は有料になってしまいます。5GBってどれ位?と思うと思いますが、写真データが約1500枚、音楽データなら約1000曲位です。これだけ聞くと、なんだ結構入るじゃん!と思いますよね?ですが、普段から最低限使う機能やアプリを入れるだけでも容量を使いますからね。あっという間に容量がいっぱいになってしまう事が多いと思います。もちろん個人差はありますので絶対とは言い切れないですけどね。

バックアップの便利グッズがある!

やっぱりパソコンが無いとバックアップが取れないのでしょうか?いやいや、そんな事はありません!アイアップ高幡不動店で取り扱っているeasyflashメモリを使えば簡単に容量を気にせずバックアップを取る事が可能です。

簡単に言うとデータを保存するUSBです。容量は16GBと32GBの2種類です。16GBでも無料のiCloudの3倍です!写真、動画、電話帳の3種類のデータのバックアップが可能です。使い方もとっても簡単です!

まずは、easyflashメモリをiPhoneに挿し込みます。すると、専用の無料アプリのダウンロード画面に移動するのでアプリをダウンロードしてください。その後は、バックアップしたい写真を選択して「インポート」ボタンをクリック。すると、あっという間にeasyflashメモリ内に写真データが移動しています。中でフォルダ分けも出来ますし、1個持っていれば家族で共有する事も可能です。

eazyflashメモリで写真と動画データを保存して、それ以外のデータをiCloud上でバックアップをとる。そうすれば、無料でしかも沢山のデータがパソコンを使用しなくてもバックアップをとる事ができます。

バックアップの仕方は様々

ここで紹介したバックアップの方法は、ほんの一部です。やり易さは個人によって異なると思います。どの方法が1番良いというのはありません。ご自身のやり易さや負担にならない方法が1番です。面倒だから後回しにしてiPhoneが壊れてしまいデータが消失してしまう…これが1番困ると思います。そうならない為にも普段から小まめに、ご自身の負担にならないやり方でバックアップをとってみてください!