iPhone修理のアイアップ

iPhoneを大事に長く使うための方法

iPhone お役立ち

液晶画面が割れてしまっている、バッテリーの減りが早くなってきてしまった、充電が出来ない、等々、iPhoneが故障してしまうと、かなり困ってしまう事が想像しただけでも分かりますね。

そこで今回はiPhoneを故障させないためにちょっとした工夫をいくつかご紹介させていただければと思います。私自身も、今まで何度iPhoneを故障させてしまったか……。

本当に気を付けているつもりでも、ふとした時に液晶画面が割れてしまったり、気が付いたらバッテリーの減りがとても早くなっていたりなど、iPhoneの故障で困ったことがある経験をもとに、できるだけiPhoneを故障させてしまわないような取扱い方を紹介させていただきますので、是非参考にしてみてください。

液晶画面に対して気をつけること

液晶画面の破損や故障はiPhoneを道路に落としてしまった、階段からおとしてしまったなど、iPhoneを落としてしまった事が原因で液晶画面が割れてしまい、操作が出来なくなってしまうなど、という事が原因としては一番多いと思われます。

そこで、iPhoneの背面にリングを付けてiPhoneを持ち歩くという事はかなり有効な手段です。

iPhoneに直接くっつけてしまうと、剥がす時や、不要になった時に困ってしまうのでiPhoneカバーと一体になっているものをしようしたり、カバー側に取り付けると、その後が楽です。

iPhoneを落としてしまう際にはiPhoneを操作しているときに落としてしまうという事が大半だと思いますので、このようにリングを付けて指から落下してしまわないようにしてあげるだけでも、iPhoneを落下させてしまうリスクが減ります。

また、手帳型のiPhoneケースもiPhoneを落としてしまった際に液晶画面をカバーが守ってくれますので、有効だと思われます。

実際に液晶画面の故障というのがiPhoneの故障で一番多い事例のようなので、液晶画面を守ってiPhoneを使ってあげることでかなり故障のリスクが減ります。

バッテリーを長持ちさせたい

液晶画面の故障や破損の次にトラブルが多いのがバッテリーの問題です。

長年使用していると、バッテリーが劣化してきてしいまい、iPhoneを連続で使用できる時間がどんどん短くなってきてしまいます。最終的にはiPhoneの電源が入らず、全くiPhoneが起動しなくなってしまうということにも繋がってしまいますので、出来るだけ長くバッテリーを使えるようにしたいですね。

バッテリーを長く使用させるために方法をいくつか紹介いたします。

充電をしながら、ゲームや動画視聴はしないことをオススメします。充電をしながら動画やゲームをすると、iPhoneが熱を持つことがわかると思います。バッテリーや本体にかなり負荷がかかっているという証拠です。

数回なら問題ありませんが、その状態を連日続けてしまうと、バッテリーには当然よくありません。

ちなみに、iPhoneのバッテリーには使用回数がおおよそ決まっています。毎日充電をして2年程が寿命と言われていますので、それよりも長くiPhoneを使っているという方は、一度バッテリーの検査、交換をしてみるというのもiPhoneを長く使っていく上では大切なことです。

バッテリーの寿命を検査できるアプリも無料でアップルストアにありますので、そのようなアプリを使ってバッテリーの検査をご自身でされるという事もバッテリーの状態を把握できるので大事ですね。

充電ができない

ある日から、充電器がiPhoneに接続しにくくなってきてしまったり、充電器を接続してもiPhoneが反応せず、充電器の角度を変えながら充電をしているという事を良く耳にします。

原因として、充電器が故障してしまっているか本体側の差し込み口が故障してしまっているという事が考えられます。

ですが症状として多いのは、iPhoneの本体側の差し込み口の故障が原因という事が多いのが事実です。充電器が故障してしまったかと思い、何個も充電器を交換してみたが、どれも、同じようにiPhoneが充電できないといった事が多いようなので、充電器の差し込み口の故障が原因ですね。

毎日、充電器を抜き差しすることになりますので、その分どうしても故障は起きやすいのです。充電器の故障のリスクを減らすためには、充電器は純正の充電器をなるべく使用する。

最近ではApple純正品以外での充電器を目にすることも多くなっています。ほとんど純正と変わらないサイズですが、部品によっては少し大きいサイズのものなどもあり、無理やり接続をすることで充電器の接続口を痛めてしまう原因になります。充電器の反応が悪くなってきてしまったからと、グリグリと充電器を差し込まないことも大事ですね。

挿した時にしっかり固定されない場合には接続口内部にゴミが詰まっているという事も考えられますので、一度接続口の清掃をしてみるというのも有効です。

まとめ

iPhoneはもちろん機械物になります。どのような際にも無理やり使用してしまったり、負荷をかけて使用するという事はよくないのは言わなくても分かります。

丁寧にやさしく扱ってあげることでiPhoneを長く使用する事ができます。是非皆さまも、iPhoneを長く使っていただき、トラブルのないようにiPhoneライフを送っていただければ幸いです。