iPhone修理のアイアップ

iPhoneのバックアップはこまめに取るべき

未分類

iPhoneには大切なデータが数え切れない程詰まっていると思います。iPhone自体に保存できる、メモリの容量もかなり多く、ご自宅で使用するPCとほとんど遜色のないぐらいメモリを使うことが出来ますので、写真や動画はもちろん、電話帳、メモや、音楽等々、色々なデータをiPhoneに入れている事と思います。

ところでiPhoneのバックアップをこまめに取っていますか?PCと接続をしてバックアップを取るのが面倒、iCloudでバックアップを取っていたが、iCloudの容量がいっぱいになってしまい、それからはiPhoneのバックアップを取っていないという方は意外と多く、そもそもバックアップの取り方自体がわからないという方も多いと思います。

そこで、今回はiPhoneのバックアップについての紹介をさせていただこうと思いますので、バックアップについて知らなかったという方も、是非参考にしていただき、こまめにバックアップを取っていただければと思います。

iPhoneのバックアップの方法

iPhoneのバックアップを取るのにもいくつか方法があります。それぞれ順を追って説明いたします。

iCloudにデータをバックアップしておくこの方法はとても簡単で、すぐに始めることができます!

iPhoneがWi-Fiに繋がっていて、画面がオフになっている時、更に充電器にiPhoneが接続されているときに勝手にiCloudにiPhoneがデータのバックアップをしてくれるという機能です。

設定→Apple ID→iCloud→iCloudバックアップと進んでいくと、バックアップをオンにすることができます。設定をオンにしていると、上記の条件が満たされた時に自動でiCloudにiPhoneのバックアップを作成してくれます。ただし、無料でバックアップを取ることが出来る容量は決まっており、5GBまでのデータであれば無料でバックアップを作成することができます。

もしも、5GBの容量でデータが収まりきらないという際には、お金を払うことでiCloudの容量を増やすことが出来ますので、容量が足りないという時にはiCloudを広げていただくことをお勧めいたします。最大1TBまでのデータをバックアップする事が出来るようになりますので、かなりのデータ容量を保存する事が可能です。

iPhone内の写真や、電話帳、メールの送受信履歴、電話の発着信履歴などのバックアップを取ることが出来ますので、iCloudでのバックアップをしておくだけでも万が一という時はとても安心できます。

iTunesを使用してPCでバックアップを取る

この方法はご自宅にあるPCでiPhoneのバックアップを取り保存するという方法です。

バックアップの取り方はPCにiTunesをインストールし起動します。USBケーブルを使いiPhoneとPCを接続する事でバックアップを取れる状態になりますので。あとはiTunesの案内通りにiPhoneのバックアップを進めて行くだけです。とてもシンプルにバックアップを取ることができ、PCの容量により沢山のバックアップを取ることができますので、iPhoneの容量が多く、iCloudではバックアップを取り切れないという方にもとてもお勧めの方法です。

またPCでのバックアップをする場合には、iPhoneで購入した音楽などのコンテンツもバックアップを取ることが出来ますので、一度購入した音楽がなくなってしまうという事もありません。

データの復元をしたいという時には、iPhoneを再度PCと接続をすると、今まで保存したデータが羅列されて出てきますので、復元したいデータを選びiPhoneにデータを復元する事ができます。

ご自宅にiTunesをインストールしているPCがあるという方は是非一度お試しください。

バックアップ専用USBなどの記憶媒体にバックアップを取る

Wi-Fi、PCを使用しなくても、iPhoneのバックアップを取る方法があります。ご自宅にWi-Fiがない、PCも使用していないという方も多く居らっしゃると思います。

それじゃあバックアップが取れない!と思われるかもしれませんが、最近では、iPhone専用の記憶媒体が多くなってきています。

今回ご説明させていただく記憶媒体はUSBという記憶媒体になります。

iPhoneは他のスマートフォンとは違い、SDカードを本体に差し込んでバックアップデータを移行するという事ができません。

ですが、USBという記憶媒体を使用する事でiPhoneのデータをUSBの中に保存する事ができます!

市販で売られており、電気屋さん、量販店、ケータイアクセサリーショップなどでも見かけることがあります。USBにiPhoneのデータを保存することで、保存したいデータのみを保存する事が出来たり、iPhoneのデータ全体を保存する事ができたりと、とても使い勝手がいい商品です。

USB購入後、iPhoneでアプリをインストールし、USBと連携したアプリをiPhoneで起動します。その後、USBを接続し、インストールしたアプリの操作方法に従い、iPhoneを操作していくことで、簡単にiPhoneのデータをバックパアップする事ができます。

USBの容量が大きければ、いくつかのiPhoneのデータも一緒に取ることができますので、USB一つでご家族様や、ご友人様のiPhoneのバックアップもとれてしまいUSBが一つあればとても活躍してくれます。

まとめ

iPhoneのバックアップ方法には様々な方法があります。万が一iPhoneが故障してしまったり、紛失してしまった、壊れてしまったという時でも、データが失われてしまわないよう、日ごろからiPhoneのバックアップを取っていただくようにしていただきたいと思います。

どの方法が自分自身に合っているのか、どの方法なら簡単にデータのバックアップ、復元が出来るか、バックアップの方法によって違いがありますので、記事を参考にしていただき、一つの判断材料としていただければ幸いです。

この記事を書いた人

伏見侑也

iPhone修理のアイアップ町田店店長。
現場でのiPhone修理はもちろん、自社ホームページの運用も担当しています。