iPhone修理のアイアップ

画面割れを防ぐiPhoneケースの選び方

未分類

iPhoneの故障で最も多いのは画面割れです。

絶対に割らない方法があればいいのですが、アスファルトの上に落としてしまうと防ぎようがありません。

そこで肝となるのが、iPhoneケースの選び方です。この記事ではiPhoneケースの種類と特徴を解説します。

iPhoneの画面が割れにくくなるケース選び

Apple純正のiPhoneケース以外にも様々なケースが販売されていますが、皆様はどのように選んでいますか?

好きなブランドやキャラクターなど、耐久性能よりもデザインを重視される方が大半だと思います。

もちろん、常に目に入るものなので、デザインは大事ですが、耐久性能が低く、衝撃でiPhoneが損傷してしまっては元も子もありません。

ケース選びの際にどんな素材や形状が良いのか簡単にご説明いたします。

ポリカーボネート

これはハードケースと呼ばれるタイプで価格も安く人気が高いです。

また、耐久性と強度も兼ね備えていて、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。

強靭さに特化した素材でアクリルの約30倍・ガラスの約200倍程度の強度があります。透明タイプが多くデザイン性に優れたものがたくさん販売されているので魅力的ですが、落とした時の衝撃吸収能力は低く、画面を落下時の衝撃から保護するという点では少し劣っています。

シリコン

柔らかい素材でソフトケースと呼ばれているタイプです。シリコンの性質上、iPhone本体から外れてしまうことがありますが素材がラバーのように滑りにくくなるので、手を滑らせて落とす可能性は低くなります。

なかには、キャラクターの形をかたどった巨大で立体的な形状のものもありますので、他人と違ったケースを使いたいという方にもオススメです。

落とした時の衝撃も吸収してくれるので画面が割れる確率はポリカーボネートより低くなります。

TPU

これは熱可塑性ポリウレタンというプラスチックの一種です!!常温では変形しづらく加熱すると柔らかくなります。

Thermoplastic Polyurethaneの頭文字をとって「TPU」と呼ばれています。

ポリカーボネートよりは柔らかくシリコンよりは固いので傷には強く本体から外れることもほとんどありません。透明度も高くポリカーボネート同様にデザイン性の高いタイプが多いです。衝撃にも強いベストの素材です!

木材

完全に自然を生かしたデザインで、シリコン同様、人とは違ったケースを使いたい方にはピッタリです!

木材も安いベニヤからローズウッド・メイプルなど木目を生かした自然の模様なので温かみもあります。

しかし水には非常に弱く衝撃吸収性能もほとんどありません。

まとめ

それぞれ特徴がありますが、落とした時の衝撃を一番吸収してくれるのは「TPU」です。

ポリカーボネートとシリコンの中間的な素材なのでケースの強靭さもあり、落下などの衝撃も吸収してくれます。

唯一の欠点といえば長年の使用で黄ばみが出てしまうことぐらいですね。

万が一に備えて、この機会に今使っているiPhoneケースを見直してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

伏見侑也

iPhone修理のアイアップ町田店店長。
現場でのiPhone修理はもちろん、自社ホームページの運用も担当しています。