iPhone修理のアイアップ

iPhone6の画面がおかしい!データを残して液晶交換は可能?

iPhone 症例・症状

思わずiPhone6を落下させてしまい、画面の映りがおかしくなってしまったら、こちらでご紹介する対処法をお試しください。それでもiPhone6が復旧しなかったときは、データのバックアップを取って修理に出しましょう。大切なデータを残したままで液晶交換を希望する方には、専門業者による修理をおすすめします。もしもiPhone6を落としてしまったら、ご紹介する情報を参考にしてみてください。

iPhone6は落としてしまうと色々と障害が起こります

日々の生活の中で、もはや欠かせない存在となっているiPhone6。ところが、毎日よく使うものだからこそ、うっかり本体を落下させてしまうこともありますよね。なるべく衝撃を防ぐために本体にカバーをつけたり、落下防止のストラップをつけたりすることが望ましいですが、それでも落としてしまったときはiPhone6に異常がないかどうかを確認してみてください。仮に本体の外部に破損がみられなかったとしても、内部に故障が生じている可能性が考えられます。たとえば、画面のガラスは無事であったとしても、液晶がダメージを受けているケースは珍しくありません。画面の写りがおかしくなってしまったときは、まず次にご紹介する対処法にしたがって、状況をたしかめてみましょう。

画面の映りがおかしくなったときの対処法

iPhone6を落下させてしまい、画面の映りがおかしくなったときは、以下の通りに確認してみてください。

  • 破損している部分がないか確認

    iPhone6を落としてしまったとき、まずは見た目をたしかめましょう。画面のガラス部分は割れてしまっていないでしょうか。また、画面を点灯したとき線が入ったりシミができたり、表示に異常はみられないでしょうか。電源が入っているにもかかわらず、画面が消灯してしまっていないでしょうか。

  • iPhone6を充電/再起動

    iPhone6の画面の映りがおかしくなったり、画面が消灯してしまったりしたときは、まず本体を充電してみましょう。充電することで、復旧するケースがあります。それでも状況が変わらなければ、iPhone6を再起動させてください。「電源ボタン」と「ホームボタン」の両方を長押しすると、画面の真ん中にリンゴのマークが表示されます。手を離すと再起動が行われます。

  • iPhone6の反応を確認

    そもそもiPhone6の画面が消灯しており、電源が入っているかどうか分からないときは、電話やアプリで該当するiPhone6に連絡を入れてみましょう。画面が消灯していても着信の反応がみられれば、電源が入っていることになり、液晶不良が疑われます。無反応であれば、そのほかの問題が発生していると考えられます。

覚えておきたい修理前にバックアップを取る方法

iPhone6を修理に出す前には、必ずデータのバックアップを行いましょう。万が一、修理によってデータが失われてしまった場合でも、バックアップがあればこれまでの状態を復旧できるようになります。画面の映りがおかしくなり、iPhone6が操作できなくなってしまったときは、以下の通りにバックアップをお試しください。

まずはお使いのパソコンを立ち上げて、iTunesを起動しましょう。次に、iPhone6をパソコンに接続します。画面左上にある、スマートフォンをかたどったアイコンをクリックすると、画面中央あたりに「今すぐバックアップ」のボタンがありますから、クリックしましょう。これでバックアップが開始されました。その後は、iTunesの画面上部にあるステータスの状況を確認してください。リンゴのマークが表示されたら、バックアップが完了となります。

なお、iPhone6のバックアップはスマートフォンから作成することもできます。画面を操作できるのであれば、iCloudからバックアップを作成しましょう。下記の手順でバックアップを取ることができます。

  1. 「設定」をタップ
  2. 自分の名前をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 「iCloudバックアップ」をタップ
  5. 「iCloudバックアップ」をON
  6. 「今すぐバックアップを作成」

専門業者なら大切なデータを消さずに液晶交換が可能です

iPhone6の修理で多くの方が不安に感じているのが、やはりデータのバックアップでしょう。手順にしたがってデータをバックアップしても、一度本体のデータを消去するとなると、不安を感じるのではないでしょうか? そんなときに頼れるのが、iPhone6の修理専門業者です。アイアップをはじめとした専門業者では、通常のAppleでの修理とは異なり、大切なデータを消さずに液晶交換が可能となっています。iPhone6のデータを残したままで、故障してしまった液晶を交換したいときは、アイアップまでお任せください。

まとめ

iPhone6を落としてしまったときの対処法や、データのバックアップ方法についてお伝えしました。スマートフォンを落下させたときの衝撃は意外と大きく、見た目は破損しているように見えなくても、内部がダメージを受けてしまう場合があります。もしも画面の映りがおかしくなってしまったら、データのバックアップを取っておくと安心です。また、iPhone6本体にデータを残したままでの液晶交換をご希望されるなら、ぜひ修理は専門業者のアイアップまでご相談ください。