iPhone修理のアイアップ

iPhoneを郵送修理に出すときのパッキング・郵送方法

未分類

今やスマートフォンは現代人の必須アイテム。ほとんどの方が持っているといっても過言ではないでしょう。中でもiPhoneはその代名詞的な存在です。電話やメールといった連絡ツールとしてのみでなく、スケジュール管理やウェブサーフィン、動画サイトやVODサービス、ゲームまですべて1台でこなすことができてしまいます。そのため、iPhoneなしでの生活は考えられない……と感じている方も多いのではないでしょうか?

もちろん、iPhoneあらゆるシーンでの使用を想定されていますので、耐久性は決して低くありません。しかし、何かの拍子でディスプレイやガラスが割れたり、故障したりしてしまうこともあるでしょう。また、長く使用しているとバッテリーも劣化しますから、交換が必要です。そこで今回は、iPhoneを郵送修理に出す際のパッキングや郵送方法についてご紹介します。

iPhoneを郵送修理に出すときのだいたいの流れ

お近くにiPhone修理店がある場合、直接持ち込むことによって、すぐに修理やバッテリー交換を依頼することができます。最近は専門の修理店も多くなっているものの、なかなか自宅や職場などの近くで修理店を見つけることができないという方も多いでしょう。この場合、郵送修理を依頼することになります。そこで、まずは郵送修理に出す際の大まかな流れについて解説していきます。

まずは修理依頼の連絡

最初に修理店へ依頼の連絡を入れてください。故障の場合は症状を、バッテリーや外装パネルの交換などの場合はその旨を伝えます。修理店によって対応は異なりますが、電話や専用フォームからのメールなどが一般的です。基本的に、機種と対応の内容が分かれば問題ありません。故障の場合、できるだけ状況をはっきりと説明できるようにチェックしておきましょう。

バックアップをとってSIMカードを取り出す

依頼が完了すればいよいよ郵送の準備です。とはいえ、いきなり梱包するわけではありません。必ずデータのバックアップをとっておきましょう。iPhoneの場合、ある程度のデータをiCloudに保存することもできますし、ローカルでバックアップを取りたいのであれば、iTunesを通じてパソコンにデータを移しておきましょう。

​​​​​​​修理の内容によっては、データが全て消え初期化されてしまうこともありますから、バックアップはとても重要です。バックアップをとったら、梱包する前に必ずSIMカードも抜いておきましょう。最近のiPhoneで使用されているnanoSIMはとても小さく、ちょっとした力で破損してしまうこともありますから、取り扱いは慎重に行ってください。

梱包し郵送・宅配業者を通じて発送

詳しくは後述しますが、本体をしっかりと守るように梱包して、郵送や宅配の業者を通じて発送します。スマートフォンのサイズであればコンビニや郵便局などからでも簡単に発送することができます。また、お店によっては提携している配送業者による集荷サービスが利用できることもあります。

修理店に到着

修理店に到着し、修理などの内容がはっきり決まれば、その時点で料金が確定し、連絡が入ります。バッテリー交換など、料金が最初からはっきりしているものの場合、特別に問題がない限り到着と同時に作業を開始してくれるケースもあります。不安な方は最初の依頼の段階で確認しておきましょう。

修理完了・受け取り

修理が完了すると、再び梱包されて自宅にiPhoneが到着します。動作確認をして問題がなければ、これで郵送修理は完了となります。

iPhoneの梱包方法

iPhoneの梱包方法について詳しくご紹介していきます。まず、本体を梱包材(プチプチシート)などで巻きます。ホームセンターなどへいけば簡単に手に入りますし、ネット通販などで何かを購入した際に入っていたものでも問題ありません。しっかりと梱包材で包んだら、段ボールなどの厚紙にガムテープなどで固定します。もし、ケーブルやイヤホンなども同時に送る場合、一緒に固定するようにしましょう。こうすることによって、箱の中でiPhoneが動いて、余計な衝撃を受けることを防止できます。

箱の隙間には緩衝材を入れる

スマートフォンの場合、本体が小さい分だけ、箱に入れても隙間ができてしまいます。上記の通り、厚紙に固定することによって、中で動いてしまうことをある程度防げますが、それでも隙間はないに超したことはありません。そこで、隙間にはエアピローなどの緩衝材を入れるのがおすすめです。こちらもホームセンターなどで購入できますが、手に入らない場合は新聞紙などでも代用できます。

店が遠くても安心してiPhone修理を頼める!

画面割れやバッテリーの劣化などで、使い辛くなっているものの、修理店が近くにないといった理由から、そのまま使い続けているという方も少なくないようです。しかし、ここでご紹介しました通り、郵送修理を利用すれば修理店が遠くても安心してiPhoneの修理を依頼することができます。もし、あなたのiPhoneが何らかの問題を抱えているのであれば、まずは一度アイアップまでご相談ください。たとえお店が遠くても、そのお悩みを解決することができます。

まとめ

なかなかiPhone修理店に足を運ぶことができず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか? しかし、専門店であれば、郵送修理もサポートしていますから、たとえ店舗が遠くても利用することができます。ここでご紹介したポイントを押さえて、安全にiPhoneを郵送し、問題を解決しましょう!

この記事を書いた人

伏見侑也

iPhone修理のアイアップ町田店店長。
現場でのiPhone修理はもちろん、自社ホームページの運用も担当しています。