iPhone修理のアイアップ

iPhone7の意外な故障箇所は? 普段から気を付けておきたいこと

iPhone 症例・症状

iPhone7から特化した機能はなんと言っても、防水機能。従来機種に比べて今までデザイン重視の為に防水に関しては特別機能化せずにいたAppleがiPhone6sから着々と防水性能を上げた防水最大特化機種であるiPhone7の故障が起きやすい箇所をベスト3までまとめました。

iPhone7の特徴といえば…

防水機能が高まったことはもちろん、その他にも多数箇所がパワーアップを経ています。ホームボタンが「カチッ」と押すような感圧式でなくなり、カメラの画素数も一眼レフに劣らない程の性能となりました。また、防水機能は目に見えませんが、ホームボタンやフロントパネルとの間、細かいネジと本体が接触する隙間にもパッキンのようなものが水分に侵入を防いでいます。本体下部にあるスピーカー部分の細かいメッシュが更にきめ細かくなり、イヤホンコネクタが排除され、防水に徹底しています。

iPhone7の故障箇所ベスト3

(iPhone7故障案件の多い順)

  1. 画面の故障(画面のヒビ割れ、液晶画面故障を含む)
  2. カメラレンズ割れ
  3. 水没故障

水没に特化しているのに水没が第3位にランクインしました……。故障案件を基に、ランクから故障の事由までを解説していきます。

画面の故障(画面のヒビ割れ、液晶画面故障)

こちらは、どの機種をも共通して故障案件の多い箇所です。「iPhoneは画面が割れやすい!」と、よくiPhoneユーザーから耳に致しますがiPhoneの画面が割れやすいのではなくて、それだけiPhoneユーザーが多いということです。街中を歩いていてもスマートフォン使用者の過半数は、iPhoneなのではないでしょうか。特に、日本はiPhoneのユーザー率が高いことが発表されていますので、日本におけるスマートフォン市場のiPhoneの独占率も大多数です。画面のヒビ割れも、ユーザー数が多くなればなるほど、多くなるという事です。

カメラレンズ割れ

iPhone7のカメラレンズは、背面パネルから突起が出ているような形状ですので、背面からiPhoneを落下させたり、強めの力でiPhoneを背面から置くなどの行為をしたときに割れやすい箇所です。

従来機種や、iPhone7以降の機種ではあまり無い故障箇所ですがiPhone7はカメラレンズの故障が発売当初から途絶えません。カメラレンズが割れてしまうと、画素数の高いiPhone7でカメラを使用する際に割れているレンズ部分が写ってしまうなどの支障が発生します。

Appleの保証項目に特に記載がないので、カメラレンズの割れは多発することは、Appleも想定外だったのではないでしょうか。

iPhone7で水没?!

「まさか」ですがiPhone7の水没案件が第3位にランクイン……。その原因はiPhone7の防水機能の過信によるものです。

従来機種では既に水没していたような水濡れでも、iPhone7では水没しなくなったことは確かなことです。ですが、iPhone7の防水は完全防水ではないことをもう一度ご周知いただきたいです。

浴室内でiPhoneを使用

浴室内で浴槽内にiPhoneを入れる、シャワーでiPhoneの濡らすといった事例よりも、浴室内でただ水に触れず使用していただけなのに突然水没してしまう。という事例が圧倒的に多いのです。

何故、浴室内で水分に触れずに使用していたのに水没してしまうかというと……。ペットボトルなどの飲み物と同じ原理なのです。湿度が多いまたは、寒暖の差が激しいと、ペットボトルの外側は水滴が出てきます。

iPhoneも同じように、湿度が高く、急激に温度が上がる場所への持ち込みで本体内に水滴が出来、直接水濡れをしていなくても本体内が水没してしまうのです。防水対応のiPhone7の使用は、iPhoneが快適と感じる温度内での使用をしてください。

また、快適温度外で使用をしてしまうと、バッテリーの不具合が起きてしまう事も、Appleが公式サイトで呼び掛けをしております。バッテリー・水没を防ぐためにも快適温度内でiPhoneを使用するように心がけましょう。

iPhoneの快適温度は16度~22度です。湿度や寒暖による水没はiPhone7以外の機種でも起こりますので、iPhone7ユーザー以外の皆さまも、注意しましょう。

画面のヒビ割れから水分侵入

なんと言っても、画面のヒビ割れはiPhoneの故障にもたらす二次災害が圧倒的に多いのです。画面のヒビ割れをしていると、防水の為にあるパッキンや細かいメッシュを関係なく、iPhone内へ水分の侵入を開始させます。画面のヒビ割れが起こったiPhone7の防水機能は著しく低下します。画面のヒビ割れはできるだけ早めに修理をすることをおすすめいたします。

まとめ

故障箇所を基にiPhoneの使用上注意をおさらい

  • iPhoneの防水を過信しすぎない
  • iPhoneの故障箇所は早めに直しておく
  • iPhoneのカメラレンズの突起を覆われるカバーを使用する

この3点がiPhone7の故障を防ぐ大前提となります。

iPhoneのカメラレンズの突起が覆われるカバーとは、カバーを使用する事によって突起部分の凹凸が平行になるようなカバーを使用することで、凹凸が無くなりカメラレンズが割れにくくなる効果がございます。

また、故障したiPhoneを修理に出す時、iPhone7である場合は、元々取り付けられているパッキンを新しく取り付け直ししてくれる修理店を選択しましょう。フロントパネルと本体間に取り付けのあるパッキンですから修理で本体を開封すると同時に、パッキンが剥がれてしまう、パッキンにハリがなくなり緩む、ということはほぼ100%の確率で起こります。

新しいパッキンの取り付けがない場合は、剥がれていたり、歪んでいるパッキンが本体内に入っているということも珍しくないので、注目ポイントとして修理店選択をしてみてください。

この記事を書いた人

伏見侑也

iPhone修理のアイアップ町田店店長。
現場でのiPhone修理はもちろん、自社ホームページの運用も担当しています。

関連記事