iPhone修理のアイアップ

iPhone6sの電源が切れたりついたり…バッテリー交換で直る?

iPhone バッテリー

iPhoneをお使いの方の中には、電源がすぐに切れてしまうことに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 電源が頻繁に切れる原因として考えられるのは、バッテリーの劣化です。バッテリーは使う度に劣化していくため、交換をせずに長く使用していると充電の持ちが悪くなってしまいます。こちらのページでは、iPhoneのバッテリー交換の仕方についてお伝えします。

iPhone6sの電源が頻繁に切れる原因は?

iPhone6sでは、充電が残っているにもかかわらず、頻繁に電源が落ちてしまうトラブルが起こっています。Appleからのお知らせによると、2015年9~10月に製造された一部の機器にこのような不具合が発生しているようです。もしも所有しているiPhone6sが該当している場合は、Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに持ち込むか、Appleテクニカルサポートに問い合わせて、バッテリー交換をしてもらいましょう。また、不具合が出るのはiOS10.1であるため、iOS10.2.1にアップデートすることでも問題は解決できます。iOSを確認し、まだアップデートされていない場合は、最新のものをインストールしましょう。

そのほかにも、寒さが原因で電源が落ちてしまうケースがあります。iPhoneは0~35度の環境で使われることを基準に作られているため、あまり気温の低い場所で使用すると動作が止まってしまうのです。暖かい場所に行けば動くようなら、特に修理する必要はありません。しかし、不具合の機器に該当していらず、そのほかの対処法を行っても改善しない場合もあります。そのような場合は、バッテリーの劣化が原因かもしれません。

古いバッテリーは新しいものと交換しましょう

バッテリーは充電するごとに劣化していき、しだいに機械のパフォーマンスが落ちていきます。その寿命は意外と短く、一般的に400回充電すると限界が来ると言われています。毎日充電する方なら、1年と少しで寿命が来てしまうということです。

バッテリーが古くなっているようなら、新しいものと交換しましょう。バッテリー交換をすれば充電の持ちが良くなり、ストレスなく使えるようになります。外出中に充電がなくなり焦ることもありません。また、本体とは別にモバイルバッテリーを持ち歩く必要もなくなります。

多少充電の持ちが悪くても問題ないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、バッテリー交換は早めに行ったほうが安心です。バッテリーは使い続けると膨らみます。iPhoneのバッテリーは液晶画面の下に入っているため、大きく膨らむと画面を押し上げてしまうのです。すると、画面にも影響が出てしまい、画面の交換も必要になる可能性があります。iPhoneを長く使うためにも、バッテリー交換は早めに行いましょう。

個人がバッテリー交換するのは違法です

業者に頼まずに自分でバッテリー交換したいと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、iPhoneを自分で修理すると違法状態になる可能性があります。電波で通信をするiPhoneは、電波法の基準に沿っていなければなりません。そのため、パーツを交換して機械に変更を加えた場合は、基準を満たしているどうか再度診断する必要があります。

Apple正規サービスプロバイダや専門の修理業者に修理を依頼する場合は、きちんと基準を満たして直してくれます。しかし、個人で修理すると基準を満たしているのかどうか分かりません。もしも基準に沿っていなければ、法律違反になってしまいます。

また、安全面でも問題があります。個人で部品交換をする場合、取り替えるパーツが非正規品である可能性があるからです。修理後に不具合が出たり、感電したりする恐れがあります。特にバッテリーはリチウムイオンを使っており、正規品を使わないと発煙や発火、爆発の危険性もあります。個人でバッテリー交換は行わないようにしましょう。

バッテリー交換は専門の修理業者に依頼しましょう

バッテリー交換をする場合は、専門の業者に依頼するようにしてください。専門業者に頼めば、修理後に使えなくなったり、発火したりといった心配がありません。しかし、Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに頼むと、直るまで時間がかかるケースが多くなります。急いでいる方は困ってしまうかもしれません。

お急ぎの方におすすめなのが民間の修理業者です。民間の修理業者ならば、短期間で問題の確認や修理をすることができます。iPhone修理専門店のアイアップでは、最短10分のスピード修理を行っています。また、Apple Storeに比べて混雑していないのもメリットです。

さらに、民間業者では、データを残して不具合のある部分だけ修理することができます。写真や無料通話アプリの履歴も消えません。データを消したくない方でも安心して依頼できます。すぐに修理をしたいという方は、ぜひ民間修理業者に依頼してみてください。

まとめ

iPhone6sの電源が落ちてしまう原因には、製造上の不具合や気温、バッテリーの劣化といったものがあります。バッテリー劣化が原因の場合は、業者に依頼して交換してもらえば解決します。電源が落ちてしまうことにお悩みの方は、ぜひiPhone修理専門店のアイアップまでご相談ください。