iPhone修理のアイアップ

iPhoneのバックアップで機種変更時も安心!

iPhone バックアップ

新しいiPhoneに変えたり、iPhoneの故障・紛失・盗難などの理由でやむなくデバイスを変えたりした際、iPhoneのアプリのバックアップを取っておきましょう。バックアップを取れば、アプリを一個一個ダウンロードし直す必要がなく、すぐに前のiPhoneと同じように快適に使用することができます。今回は、iPhoneのアプリをバックアップする方法と注意点をご紹介します!

バックアップしておくと、新しいiPhoneにもすぐに快適なアプリが揃えられる

iPhoneを使用している方は、さまざまなアプリを「Apple Store」からダウンロードや購入し、利用しています。これらのアプリはビジネス、娯楽や生活など多種多様なシーンで役立つものばかりです。しかし、中にはデータが重くて通信に時間がかかるアプリもあります。何かしらの理由で新しいiPhoneに変えた際、一から使っていたアプリをダウンロードするのはとても時間がかかってしまいます。そこで、これまで使っていたアプリを簡単にすぐ揃えるための手段として、定期的にバックアップをとることをおすすめします。バックアップをとることで、iPhoneの故障や損失など急に手元になくなってしまった場合でも、別のデバイスに同じアプリを復元させることが可能になります。

iCloudにバックアップ

iCloudを使ってバックアップを行う場合は、下記の手順で行います。

  1. デバイスをWi-Fiネットワークに接続します
  2. 「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→を選択します
  3. iCloudを使用しているAPPより「iCloudバックアップ」をオンになっていることを確認します
  4. 「今すぐバックアップを作成」を選択し、バックアップが終わるまでWi-Fiネットワークに接続しておきます
  5. バックアップが終わったら正常にバックアップが行われたか、「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「iCloud バックアップ」→「今すぐバックアップを作成」の最後のバックアップ作成日時を確認します

iCloudを使ってバックアップを行うには、もうひとつiCloudの自動バックアップを設定する方法があります。

  1. 「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→.「iCloud バックアップ」を選択します
  2. デバイスを電源に接続します
  3. デバイスをWi-Fiネットワークに接続します
  4. デバイスの画面がロックされていることを確認します
  5. iCloudのストレージにきちんと空き容量があることを確認します

iCloudの自動バックアップが行われる条件は、iPhoneが電源に接続されていること・Wi-Fiネットワークに接続していること・iPhoneがロック中であること・iCloudの空き容量がバックアップするデータ以上にあることです。

iCloudを使ってバックアップをする方法は、パソコンなしでできるので簡単ではありますが、Wi-Fiネットワークに接続する必要があります。また、無料版として利用できるiCloud上の容量は5GBまでになっています。容量を増やしたい場合は有料プランに契約する必要があります。

iCloudでとったバックアップデータから、アプリを復元させたい場合は、「設定アシスタント」→「デバイスの設定」→「iCloudバックアップから復元」を選択してiCloudにサインインする必要があります。

パソコンにバックアップ(iTunes)

  1. iTunesとデバイスの同期設定が「自動」の場合は念のために同期設定を「手動」に変えておきます
  2. iTunesを開き、デバイスをコンピューターに接続します
  3. iPhoneの概要が表示されたら、バックアップ欄で「このコンピューター」を選択し、iPhoneのバックアップを暗号化にチェックを入れます(暗号化をすることでバックアップデータを保護します)
  4. パスワードを設定したら「今すぐバックアップ」を選択します
  5. バックアップが終わったら、正常に行われたかをiTunesの「概要」画面の「最新のバックアップ」の下にある日付で確認します

iTunesを使ってパソコン上にバックアップをする方法は、ほぼ全てのデータを確実にバックアップすることができる反面バックアップの保存先が不明という点もあります。

​​​​​​​iTunesでとったバックアップデータからアプリを復元したい場合は、iTunesを開き、デバイスをiPhoneに接続します。接続が確認されたら「バックアップから復元」を選択します。バックアップ時に設定したパスワードを入力し、ロックが解除されたら復元作業にはいります。正常に復元されたからデバイスを確認してください。

アプリ自体は引き継げても、アプリ内のデータが消える場合もあるので注意

バックアップしたデータの復元でアプリ自体は引き継ぐことはできても、場合によってはアプリ内のデータは消えてしまう可能性があるので注意が必要です。LINEの大事なやりとりや長年遊んだスマホアプリゲームなど、大切なアプリは個別にバックアップをとることをおすすめします。また、スマホアプリゲームなどによっては、ゲームは引き継げてもゲーム内で課金したコンテンツは引き継げないケースもあるので、複数のアプリを持っている方は各ゲームの引き継ぎの際の仕様を確認すると良いでしょう。

まとめ

iPhoneのアプリのバックアップを取っておけば、手間をかけることなく新しいデバイスに同じアプリを復元することが可能になります。バックアップを取る方法は大きく2種類あるため、環境に応じて自分にあった方法で実践してみてください。