iPhone修理のアイアップ

恐怖…!iPhoneSEがリンゴループし始めたらどうすればいい!?

未分類

リンゴループとは、iPhoneの画面にAppleのロゴマークであるリンゴが表示され続け、先に進まない状態のことです。ホームボタンを押しても画面にタッチしてもまったく動かないことが多く、iPhoneユーザーを悩ませる代表的な不具合のひとつとなっています。

リンゴループは4インチ型の人気モデル「iPhoneSE」や、ハイエンドモデルの「iPhoneX」など、すべてのiPhoneで起こる可能性があります。iPhoneがリンゴループしている間はLINEで連絡を取り合ったり写真を見返したりすることができず、大変不便です。リンゴループの原因は何か、どうすればリンゴループから脱出できるのか、ご紹介します。

ありがちな原因は「アップデートの失敗」

リンゴループになる原因としてよく見られるのは「アップデートの失敗」です。iOSアップデートが中途半端な状態で終わってしまうことで不具合が生じ、リンゴループが起きることがあるのです。アップデートが止まってしまうシチュエーションには次のような例があります。

  • アップデートの途中でiPhoneを動かしてしまい、ケーブルが外れた
  • Wi-Fiに接続してアップデートを始めたものの、iPhoneを動かしてWi-Fiの圏外に出てしまった
  • アップデート中に充電切れした

上述した例のほか、就寝中、気づかないうちにアップデートがスタートしてしまい、バッテリーの弱っていたiPhoneの電源が落ちて中途半端に終わってしまったケースもあるようです。

また、Appleが端末にかけている制限を解いて、非公式のアプリケーションをダウンロードできるようになる、いわゆる「脱獄」を行ったiPhoneにもリンゴループは起こることがあるようです。脱獄はAppleの規約違反行為なので、脱獄による不具合が生じたとしてもAppleのサポートは受けられません。

その他、不必要に強制終了を繰り返したときや、アプリのアップデート中に別の重たいアプリを使ったとき、バッテリーに不具合があったときや、iPhoneの容量がギリギリのときにもリンゴループは起こり得るようです。現在、リンゴループの正確な原因は解明していませんが、デバイスに負担がかかる行為は避けた方が無難であると言われています。

自分でできる対処法

上述した原因を避けて使っていたとしても、何かの拍子にリンゴループは起こることがあります。iPhoneがリンゴループになってしまったとき、自分でできる対処法にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

iPhoneに何か不具合が起こったときに再起動すると解決した、という事例はいくつもあります。リンゴループになったときも、ひとまずは再起動を試す方は多くいます。リンゴループ状態に陥っているiPhoneは正常にシャットダウンができませんが、セーフモードでの再起動か強制終了をしてから再起動するという選択肢があります。

再起動でも回復しないようであれば、iTunesとの同期を試してみることをおすすめします。その際iTunesのバージョンが最新のものになっているか確認し、旧バージョンのままであればアップデートをしておきましょう。

また、iTunesのリカバリモードでiOSをアップデートしてみると状況が改善することがあります。パソコンにiPhoneを接続し、ボタンを操作してリカバリモードにします。パソコンの選択画面で「アップデート」を選び、手順に従ってiOSを更新します。

ここまでの手順を試してもリンゴループが終わらないときは、iPhoneを初期化するのもひとつの方法です。初期化をすると、iPhoneはすべてのデータが消えてまっさらになった工場出荷状態になります。バックアップをとっていれば、初期化したiPhoneにデータを復元することも可能ですが、バックアップしていなかった場合はデータを復旧する手段はほぼなくなります。

最終手段は修理店に救急搬送

iPhoneの中には大事な家族・友人の連絡先や思い出の写真、コツコツ進めてきたゲームのデータなどが入っているという方も多くいます。リンゴループになったiPhoneが元通りに使えるようになるためにはバックアップが大事ですが、そもそもバックアップをとる習慣のない方もいます。また、パソコンを持っておらず自力での復旧作業が難しい方もいるようです。

諦める前の最終手段として、修理店にiPhoneを持ち込んでみることをおすすめします。iPhone修理専門店ならiPhoneSEをはじめとした各モデルの修復を依頼できます。自分の力では治せなかったiPhoneも修理店でプロに任せれば、データを壊さずに復旧できるかもしれません。

まとめ

iPhone修理の「アイアップ」は、内部の基盤には触れず、お客様のデータが消えないように修理しています。リンゴループでご来店いただいた際はiTunesのDFUモードで更新を行い、できる限りお客様のiPhoneが元の状態に戻るように修理いたします。取り扱うバッテリーにはPSEマークがついたものを採用しているので、修理の結果バッテリー交換になった際も安心です。お預かり時間が他店より短く、SNSフォロー割や予約割など、豊富な料金割引システムを実施しています。

その他にも多彩な修理メニューを扱っているので、iPhoneでお困りの際は、お近くの「アイアップ」をご利用ください。