iPhone修理のアイアップ

iPhoneが突然故障した時の対処法はあるのか!?

未分類

iPhoneを使用していたら突然、画面が固まってしまったり、ホームボタンが使えなくなってしまったりしたときに皆様はどう対処していますか?

夜に不具合が発生すると開いている修理店も少なく、朝まで我慢してApple正規サービスプロバイダへ持ち込むか当店のような修理店に持って行くしかないですよね……。

でもiPhoneの使用中に突然発生した不具合は自分で解決できることも多いので、今回は万が一の際の対処を法を説明します。

iPhoneがフリーズした場合の対処法

画面に触れた際に反応がなく電源すら落とせなくなった場合はボタンの操作だけで可能な強制終了をしてみましょう。機種によって強制終了の方法が異なります。

  • iPhoneX/XS/XR

    音量プラスボタン一回→音量マイナスボタン一回→電源ボタン長押し

  • iPhone7・8

    電源ボタンと音量マイナスボタンを同時に長押し

  • その他のiPhone

    電源ボタンとホームボタンを同時に長押し

一度上記手順でiPhone再起動をして操作ができるようになったらバックグラウンドのアプリをすべて終了させましょう。

また、OSのバージョンが古い場合には、最新のバージョンにアップデートすることでバグが解消されることもあります。

iPhoneがリカバリーモードになった時の対処法

iPhoneの容量がいっぱいの状態でアップデートしたり、アップデート中にiPhoneの電源が落ちてしまうとリカバリーモードになり操作が一切できなくなる場合があります。 iosが起動できないということを示しているのでこの状態はとても深刻です。

万が一、リカバリーモードになってしまったらiTunesを使って直すことができます。

※お手元にパソコンがない場合には、リカバリーモードから復旧させることはできないので、修理店への持ち込みが必要です。

パソコンと接続したらiTunesを起動させます。ここで通常は「更新」と「復元」のどちらかを選択することができるのですが、リカバリーモードの状態のiPhoneだと更新が選べないケースが多いです。

  • 更新

    iPhoneのデータを残したままiOSを修復

  • 復元

    iPhoneのデータを完全消去してiOSを修復

つまり、更新が選べないケースではiPhoneのデータはあきらめなければなりません。もし、パソコンやiCloud上にバックアップが残っていれば、その時点のデータに復元することはできます。

ホームボタンが反応しなくなったときの対処法

iPhoneのホームボタンが使えなくなってしまうと操作性が致命的に悪くなりとても不便になりますよね。再起動しても直らない場合には、ホームボタンが物理的に破損している可能性が非常に高いので部品交換をしなければなりません。その間、AssistiveTouchを利用して凌ぐ方法があります。

AssistiveTouchとは名前の通りホームボタンやスリープボタンが故障した際に手助けをしてくれる機能です。

画面上に仮想ホームボタンを表示することができ仮想ホームボタンを通常のホームボタンと同じように扱うことができます。

さらにこのAssistiveTouchはカスタマイズの柔軟性が高く、消音ボタンやスクリーンショットボタンの代わりに使うなんて使い方もできます。

ホームボタンが壊れていない状態でもとても便利なので使ってみることをオススメします。使用方法は簡単で、設定アプリを開き、一般→アクセシビリティ→AssistiveTouchの項目をオンにするだけです。

カスタマイズしたい場合には、AssistiveTouchの下にある、「最上位メニューをカスタマイズ」から行うことができます。

まとめ

iPhoneの故障は予期せず突然やってくることも。今回の記事ではよくある症状を取り上げましたが、他にも故障時に役立つ記事を随時更新しています。万が一に備えて、情報収集してみてはいかがでしょうか。iPhoneの故障や不具合でお困りごとがございましたらお気軽にアイアップにご相談ください。