iPhone修理のアイアップ

iPhoneの連絡先をバックアップする方法を知っておけば機種変更時も安心!

未分類

多くのiPhoneユーザーは、大切な連絡先をiPhoneの本体に登録して利用していると思います。今回は、機種変更時にとても便利なiPhoneの連絡先をバックアップする方法をご紹介します。

バックアップをとっておけば、機種変更時も手間や時間を省いて、すぐにこれまで使用していたiPhoneと同じ環境で使うことができるようになりますので、ぜひお試しください。

iPhoneの連絡先を安全に引き継ぎたい

iPhoneに登録している大切な連絡先データは、誤って削除したり、デバイス自体が故障や紛失をしたりすることで失われてしまいます。また、デバイスを新しく変えたときには、一から連絡先を登録するのが面倒ですよね。そんなときは連絡先のバックアップを取っておいて移行するととても便利です。iPhoneの連絡先をほかのiPhoneに引き継ぐには、3つの方法があります。それぞれ引き継ぎ方法の手順は変わってくるため、ご自身ができる方法でお試しください。

iCloudにバックアップ

iCloudを使って連絡先をバックアップする場合は、まずiCloudの初期設定が終わっているかを確認しましょう。iCloudの初期設定でアカウントの設定が完了していないとバックアップをすることができないためご注意ください。

iCloudの初期設定をする

iCloudの設定を行う際、Apple IDが必要になるためApple IDを取得していない方は取得してください。

  1. 「設定」→「iPhoneにサインイン」します
  2. AppleIDとパスワードを入力→「サインイン」をタップ
  3. 「結合」または「結合しない」を選択

    ※結合とは、iPhone上のデータとiCloud上に保存されているデータをあわせること

  4. 初回のみ利用規約を確認し「同意する」をタップ
  5. 確認画面が表示されたら「同意」を選択
  6. 「設定」→「iPhoneにサインイン」だった部分が、ユーザー名になっていれば設定完了

iCloudに連絡先をバックアップする

  1. iPhoneをWi-Fiネットワークに接続
  2. 「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」を選択
  3. iCloudと同期したい項目がオンになっているか確認 オフの場合はタップしてオンに変更
  4. 「iCloud バックアップ」がオンになっていることを確認し、「今すぐバックアップを作成」を選択してバックアップが終わるまでWi-Fiネットワークに接続しておきます
  5. バックアップが完了したら「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「iCloud バックアップ」→「今すぐバックアップを作成」の最後のバックアップ日時を確認して正常にバックアップが行われたかチェック

iCloud上にデータが残っている場合は、iCloudの設定を行うiPhone内のデータとiCloud上のデータは結合されることになるためご注意ください。また、iCloudでデータをバックアップする際には、Wi-Fiネットワークに接続しなければなりません。iCloudでは5GBバイトまでの容量は無料で利用することが可能ですが、それ以上の容量が必要な場合は月額料金を支払うことになります。

パソコンにバックアップ(iTunes)

iPhoneの連絡先をパソコンのOutlookやWindowsアドレス帳にバックアップしたい場合は、iTunesを使ってバックアップするのがおすすめです。

  1. iTunesとデバイスの同期設定が「自動」の場合は、念のために同期設定を「手動」に変更
  2. iTunesを開き、USBケーブルでデバイスをコンピューターに接続
  3. iPhoneの概要が表示されたら、「情報」を選択して「連絡先の同期先」をチェック
  4. 希望の保存先を選択し「適用」をクリック

iTunesを使ってバックアップをする場合は、iTunesが最新のバージョンであることが条件になるので、最新のバージョンでない場合は、アップグレードをしてください。

連絡先バックアップ時の注意点

iPhoneの連絡先をバックアップするときに注意をしなければいけないことはいくつかあります。バックアップ中に通信が途切れ途切れになってしまったり、接続していたケーブルが外れてしまったりすると、正常にバックアップをとることができず最初からやり直しになってしまいます。バックアップを行う際は、通信環境の良いところで行うようにしましょう。また、iTunesを使ってバックアップする際、パソコン環境によってはバックアップをとるのに30分以上かかってしまうこともあります。時間に余裕がある際に行うことをおすすめします。

おわりに

iPhoneの連絡先のバックアップを取っておけば、新しいデバイスを使用するときに一から登録せず、簡単に登録することができます。万が一iPhoneを紛失してしまってもバックアップをとっておけば被害や面倒は減らせます。もしものときを考えてiPhoneの連絡先は定期的にバックアップしておきましょう。