iPhone修理のアイアップ

iPhone8の水没修理

2020.11.28

みなさん、こんにちは!

iPhone修理のアイアップ町田店です。

本日は、iPhone8の水没修理の事例を紹介いたします。

iPhone7以降から防水性能の備わっているiPhoneですが、日々使っているうちにその防水性能は悪くなっていきます。

防水用に貼られているパッキンが本体の熱や、外部からの熱で劣化してしまうためです。

さらに厄介なことに、防水パッキンの影響で一度iPhone内に入った水が乾きにくくiPhone7以前の機種に比べて悪化しやすいです。

今回は、お客様はiPhoneをトイレに落としてしまい、電源が入らなくなってしまったそうです。

ただし、Appleの保証が残っている可能性があったためAppleに問い合わせを試みるも、なかなか繋がらずに5日ほど経ってしまったとのこと……。

iPhoneの内部を確認してみると、所々金属が錆びていましたが、幸いにも電源が入りました。

水没の影響で画面半分が表示されない

しかし、水没の影響で画面部品が壊れてしまっていて画面半分しか映りませんでした。

追加で画面交換も行なって修理完了です!

今回の修理にかかった時間は1時間半ほどでした。

修理料金は、

でした。

水没後、数日経過していると復旧できる見込みはかなり低くなりますが、今回のケースのように復旧できる場合もありますので、iPhoneの水没でお困りの方は是非一度アイアップ町田店にご相談ください。