iPhone修理のアイアップ

近接センサーって何? iPhoneの通話時に活躍しています!!

未分類

iPhoneには近接センサーという部品が搭載されています。カメラやスピーカーなどと違って普段意識することのない部品だと思いますが、この部品が壊れてしまうと、通話のパフォーマンスに悪影響を及ぼします。

この記事ではiPhoneの近接センサーの役割と故障してしまった際の症状について、ご紹介いたします。

近接センサーとは

近接センサーは、そのセンサーの近くにものがあるかないかを判断しています。iPhoneの通話用スピーカー、通称イヤースピーカーの上の部分に近接センサーはあります。

通話中に画面が真っ暗になっているのは、このセンサーに耳が当たっているためです。

近接センサーが故障すると

近接センサーが故障してしまうと、通話中もiPhoneの画面は点灯したままの状態になります。つまり、タッチ操作ができる状態です。そのため、通話中に画面に耳が当たると当然画面が反応してしまうので、通話中突然、スピーカーモードに切り替わってしまっり、通話終了ボタンを押してしまうなど通話の妨げになるケースがあります。

それ以外にも、近接センサーが常に働いた状態で壊れてしまうと、通話に入ったとたん、画面が真っ暗になるため、iPhoneを耳に当てていなくても通話中にあらゆる画面操作を受け付けなくなってしまいます。

近接センサーは、通話以外に、Siriの利用中にも使われているため、音声入力による検索にも影響が出てしまいます。

近接センサーは直るのか

一般的に、近接センサーの故障は、部品の不良が原因ですので、部品交換を行うことで症状は改善します。画面交換などと比べて、修理時間が短いのも特徴です。

まとめ

万が一、近接センサーに異常が見られる場合には、お近くのiPhone修理店に相談しましょう。Appleの正規店以外であれば、最近では当日修理できるお店がほとんどです。ちなみに、アイアップなら各種iPhoneの近接センサー修理をデータそのまま最短10分で行うことができます。SNS割や予約割などの各種割引制度も豊富ですので、お得に修理していただくことが可能となっております。お困りの際には、ぜひアイアップにご相談ください。