iPhone修理のアイアップ

要注意!iPhone7のアウトカメラレンズは壊れやすい

未分類

iPhone7でカメラアプリを立ち上げたとき、なぜかピントが合わなかったり、そもそもプレビュー画面すら現れなかったりする場合は、カメラ本体やレンズに故障が起こっている可能性があります。iPhone7のカメラは非常に高精度・高性能ですが、レンズにヒビが一本入っただけでもそのポテンシャルが失われてしまいます。そこで今回は、壊れやすいと言われるiPhone7のカメラに関わるあれこれをご紹介します。レンズ保護の方法もお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

落とした衝動でレンズが割れる

以前まで、背面にあるカメラレンズは本体に埋め込まれるような形で設置されていました。しかしiPhone6以降はカメラレンズが出っ張る形になり、iPhone7でもその方式が継承されています。

もちろんこれはより本体を薄くすると共に、カメラの品質をよりよいするためです。実際に新たなモデルが出る度にiPhoneのカメラは進化しており、とくにiPhone7からはレンズサイズも大きくなってより高いF値が実現されています。

一方で弊害がないわけでもありません。ケース等を装着していないいわゆる“裸”状態だと、どうしてもカメラレンズに圧力がかかりやすくなります。そのせいで、落下時などにレンズが割れてしまう事故が起こっています。写真撮影においてもっとも重要なのはレンズであることは間違いありません。もしもヒビが入ってしまえば、どんなに高性能なカメラであっても意味がないと言えるでしょう。

修理店なら簡単すぐにレンズ交換完了!

カメラが使えなくてもiPhone7は使用できます。しかし、せっかく高精度な写真が撮れるはずなのにそれが使えないのはもったいないこと。そのため、万が一割れが起こってしまったのであれば修理に出すのがおすすめです。

ちなみに、レンズにヒビが入るほどの衝撃を受けている場合は、内部にあるカメラ本体にも傷が入っている可能性が高いです。そのため、修理を行う際はいったんパネルを外し、カメラ本体を確認することからはじめます。

もしもカメラ本体にダメージが及んでいる場合は、カメラ本体を丸々交換することで修理が可能です。ただし、レンズのみが割れていて、本体に問題がない場合はレンズだけを交換することも可能です。後者の場合は修理費用も多少安くなります。

また、修理の際には接着材の除去をしっかり行うのがポイントとなります。これは、接着材が残った状態で新しいカメラを取り付けるとレンズにズレが起こり、ピントが合わなくなってしまう可能性があるからです。

なお、アイアップでは当日中の修理対応を基本としているため、iPhone7が使えなくなる期間というのを最小限にしています。お忙しい方にも便利にご利用いただけるので、ぜひお気軽にご来店ください。

ちなみに、iPhoneの修理というと初期化を求められるのではと心配される方も少なくありませんが、カメラ修理はあくまでパーツ交換となりますのでそうした手間はなし。LINEなどアプリのデータもそのまま残るので、お引き渡し後にはすぐに元の状態でお使いいただけます。

iPhone7のカメラレンズ保護対策は必須です

このように、iPhone7のカメラは故障したとしても修理可能です。ただし、修理店に足を運ぶのは手間でもありますし、当然修理代もかかります。そのため、基本的には傷が付かないよう保護対策を行うのが大切です。

カメラレンズの保護対策としては、保護リングと保護フィルムの2種類があります。前者についてはカメラ周りを覆う硬度の高いリングであり、机などにiPhone7を置いたときにレンズへ直接衝撃が伝わらないようにできるアイテムです。本体のカラーに合わせた製品がいくつも出ているので見た目が不自然になることもありません。

保護フィルムについてはレンズの表面に貼るタイプのアイテムです。レンズ表面にできる擦り傷などを防いでくれる効果があります。また、フィルムが汚れたり傷ついたりした場合は手軽に貼り直せるというのもポイントです。

ただし、フィルムを貼っただけでは衝撃対策としては不十分です。また、リングの場合はあくまで耐衝撃・接触なので、レンズは裸のままです。より慎重になる方の場合は、これらのアイテムを併用するとより安心でしょう。

まとめ

iPhone7は非常に美しい写真が撮れるスマホです。せっかくのポテンシャルを失ってしまわないよう、問題があるなら修理を行いましょう。加えて、トラブルを防止するためにしっかりと対策をしておくのも大切です。

ちなみに、アイアップでは同時割というサービスをご提供しています。これは複数の故障箇所を同時に修理することで費用がお得になるというもの。iPhone7を落としてしまった場合などは、カメラ意外の部分にダメージが及んでいる可能性も高いです。以前と同じ状態に戻したいということであれば、この機会に合わせてカメラと同時修理されることをおすすめしています。