iPhone修理のアイアップ

iPhone7のカメラで写真が撮れないピンチ…試せる対策は?

未分類

いつもどおりiPhone7のカメラアプリを起動すると画面が真っ暗……。背面カメラのレンズにも、インカメラのレンズにもまるで写らないという症状が報告されています。そこで今回は、ご自身でも手軽にできる解決手段や、個人では対処できない場合の相談先などについてご紹介します。iPhone7のカメラトラブルでお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

家でできるはじめの手段

iPhone7を含むスマホのカメラで写真が撮影できなくなってしまった場合、はじめに考えたいのはソフトウェア上の問題です。アプリやiOSなどのシステム的な不具合が起こってしまっているせいで、カメラが真っ暗になってしまっていると考えてみましょう。そんな時は、とりあえず以下の方法を試してみてください。

  • アプリの再起動

    まずはアプリ自体の不具合を疑います。改善する方法としてもっともシンプルなのはアプリの再起動です。ホームボタンをダブルクリックし、カメラアプリを上方向へスワイプしましょう。その後、通常どおりカメラアプリを起動し、症状が治っていないかを確認します。

  • 背面カメラ・インカメラの切り替え

    カメラの切り替え時にシステム上で不具合が起こっている可能性もあります。カメラアプリを立ち上げて、右下にあるカメラ切り替えボタンをタップしてみてください。数回繰り返し、背面カメラ・インカメラの両方が正常に機能していれば問題ありません。

  • iPhones7の強制再起動

    アプリ側に問題がないとすれば、今度はiPhone7のiOSを疑ってみましょう。手軽に試せる方法としては強制再起動があります。iPhone7の場合は、ホームボタンとスリープボタンを同時に押し続けてください。画面が暗くなり、一度電源が落ちます。その後、リンゴマークが現れたら手を離しましょう。その後、カメラアプリをサイド立ち上げて、症状が改善されていないかを確認してください。

  • iOSのアップデート確認

    iPhone7で使われているiOSが最新のものでない場合、カメラアプリとの互換性がないため不具合が発生している可能性があります。アップデートがないかを「設定>一般>ソフトウェア・アップデート」で確認してみてください。

  • すべての設定をリセット

    iOS側の問題を解消するのに役立つのが「すべての設定をリセット」です。これはあくまで「設定」で変更したもののみが初期状態になる作業で、LINEやメッセージ、音楽データ、アプリデータが消えることはなく、手軽に利用できます。

手順としては、「設定>一般>リセット」に入り、その中にある「すべての設定をリセット」をタップ。その後パスコードを求められるので打ち込みます。「すべての設定をリセットします。データやメディアは削除されません」というメッセージが出るので、「すべての設定をリセット」をタップしてください。自動的に再起動が行われますので、立ち上がったらカメラアプリを起動し、問題が解決されているかを確認します。

なお、データは消えませんが設定は初期状態になるため、最終的に元に戻したい場合には必ずバックアップをとるようにしましょう。

自力でどうにもならなかった時の選択肢:Appleサポートに連絡

ソフトウェア上での問題が見つからなかった場合は、ハードウェア的な故障が疑われます。カメラ自体が故障してしまっているので、これを交換しなくてはなりません。こうした場合は、Appleサポートに連絡をするのが一般的です。

なお、Appleサポートに問い合わせた場合には、症状について細かな質問がされます。その中で、本体の初期化を進められるかもしれません。本体を初期化するとアプリ内のデータが消えてしまうので、必ずバックアップをとるようにしましょう。

なお、修理の流れとしてはApple Storeへ直接行くか、郵送修理を依頼するかのどちらかになります。Appleストアが近くにあればいいですが、そうでない場合は郵送による時間や手間がかかるということを覚えておきましょう。また、初期化やSIMカードの回収などもご自身でやらなくてはなりません。

自力でどうにもならなかった時の選択肢:修理店でカメラを交換

「Appleストアが近くにない」「できるだけ早く修理したい」こうしたご要望がある方は、修理店でのカメラ交換がおすすめです。故障部分次第ではありますが、即日対応をしてもらえることも少なくありません。また、初期化やSIMカードの回収といったわずらわしい手間もなし。iPhone7本体だけを持ってお店に足を運べばよいので、非常に手軽です。

まとめ

iPhone7のカメラが真っ暗で写らなくなってしまった場合は、はじめにアプリやiOSの再起動、設定のリセットを試しましょう。それでもどうにもならない場合は、Appleサポートや修理店への相談がおすすめです。適切な対応さえできれば症状は必ず改善されますので、焦らずに今回ご紹介した手順を試してみてください。