iPhone修理のアイアップ

iPhone5cのホームボタンが壊れた原因と修理に出す前の対処法

未分類

iPhone5cのホームボタンを押しても画面が切り替わらなかったり、軽く押しても反応しなかったりする時は、ホームボタンに不具合が起こっている可能性があります。今回は、iPhone5cが故障する原因や、修理前の対処法についてご紹介します。

ホームボタンが壊れた!考えられる原因は?

ホームボタンの故障にはいくつかの原因が考えられます。まずは物理的なもの。もしもホームボタンを押した時にパキパキといった音がするのであれば、すき間に砂やほこりが浸入してしまっているかもしれません。また、そもそもボタンが押せないほどに陥没している場合は、ホームボタン内部にある金属板の劣化が考えられます。その他、iPhone5cを落下させるなどして衝撃が加わり、内部破損が起こっている可能性もあるでしょう。

ただし、不具合の原因は物理的なものだけがすべてではありません。たとえばiPhone5cにたくさんのデータがあり、そのせいでストレージ空き容量が不足している場合は、OS自体の動作が重くなっている可能性もあります。その他、アプリが固まってしまっているのかもしれません。

自分でできる対処方法

最初にお試しいただきたいのがiPhone5cの再起動です。前項でお伝えした通り、ソフトウェア上の問題であれば電源を入れ直すことでメモリが開放され動作が機敏になる可能性があります。また、単にアプリが固まっているだけのケースもあり、この場合も再起動で症状が改善するかもしれません。なお、スムーズに動作するタイミングで不要なデータを消すなどし、ストレージに余裕を持たせるようにするとよいでしょう。

一方で、ハードウェアの問題であった場合にはホームボタン周りの清掃などを行ってみましょう。内部の劣化や故障でなく、すき間に砂やほこりが入り込んでしまっている場合は、ホームボタンを押し込みながら汚れを拭き取ることで改善できるかもしれません。なお、清掃の際はiPhone5cの電源を落とした状態で行いましょう。

デコピンは意味なし? アルコールなども使わないほうがよい

ネットでホームボタンの清掃方法を調べると、デコピンをしてゴミをはじき出すのがよいといった情報が見つかります。しかし、この方法はほとんど意味がないことが分かっています。むしろ内部へ衝撃が加わるため、さらなる破損につながる危険性もあります。

また、無水アルコールをしみ込ませた綿棒でお手入れをするとよいといった情報もありますが、こちらもやはり効果は薄いようです。リスクもあるので、基本的にはやめておいたほうがいいでしょう。

それでもダメなら早々に修理に出す

ここまでご紹介した対処法を試しても、やはりホームボタンの反応が悪く事態が解決されない場合は、早めの修理をおすすめしております。ホームボタンが物理キーである以上、OSのアップデートすることで等で直る見込みはほぼありません。だましだまし使い続けてもストレスがたまる一方でしょう。

なお、Appleのサポートを受けて修理をする場合は配送修理、もしくはAppleStoreへの持ち込み修理のいずれかを選択することになります。前者の場合にはある程度の期間iPhone5cを預けることになるので、その間はスマホのない生活になります。これが困る場合はAppleStoreでの持ち込み修理となりますが、ジーニアスバーの予約が取れなかったり、そもそも最寄りに店舗がなかったりすることも多いでしょう。

こうした場合は、修理業者への持ち込みが便利。修理料金についても正規サポートよりも安くなるので、費用が気になる方にもおすすめです。

なお、アイアップであれば基本的に当日お引き渡し。さらに、iPhone5cを初期化する必要もございません。LINEのアカウント情報やメッセージをバックアップする手間もありませんので、お持ち込みいただいた日からすぐに元通りの使い勝手を取り戻せます。

修理までの間はAssistive Touch機能を利用する

ちなみに、すぐに修理店へと持ち込めないのであれば、それまでの期間はAssistive Touchという機能でホームボタンの代替としましょう。これは、ホームボタンの動作をタッチパネル上でできるようにするもの。慣れるとかなりスムーズに使えるので、しばらくはこの機能で乗り過ごしましょう。

ちなみに、Assistive Touchは設定>一般の中にあるアクセシビリティの中にあります。設定すると丸いボタンが画面上に常に現れるようになり、これをタップするとホームボタンと同等の機能を持ったボタンなどがあるメニューを開けます。

まとめ

ホームボタンが使えない状態だと、iPhone5cを満足に使いこなせなくなってしまいます。物理的な故障の可能性が疑われるようであれば、早めの修理がおすすめです。その際はぜひ、アイアップまでお持ち込みください。