iPhone修理のアイアップ

iPhoneを水没させてしまった!こんなケースが多い

iPhone 症例・症状

普段気をつけて使用していても、ふとしたときに落としてしまい「水没」してしまうことがあります。すぐに救い上げて画面もついているから大丈夫!とそのまま使用し続けている方も多いのではないでしょうか。

しかし、水没したiPhoneをそのまま使用し続けるのはとても危険です。今回はよくあるケースとなぜそれが危険なのか、水没してしまったらどのように対処したらいいのか、そのあたりを具体的に紹介したいと思います。

【case1】食事中に飲み物を零してしまった!

友達と飲食店などで外食中に盛り上がってうっかりコップを倒してしまい、iPhoneにかけてしまうケース。

よくありますね。完全に水に沈んだわけではないですがiPhoneは前面のフロントパネルを後面のバックパネルへ組みつけているので、その隙間から浸水してしまい、画面が滲んでしまったりします。また基盤内に水が入り込んでしまうとショートを起こしてしまい、完全に起動しなくなってしまうこともあります。

【case2】お風呂で使用していたら、浴槽内に落としてしまった!

自宅に帰ってきて、1日の疲れを癒している時間、お風呂で使用しているときに誤って浴槽内に落としてしまうケース。

これもとても多いですね。完全に浸かってしまう上、水ではなくお湯が入ってしまいます。

どちらでも浸水は問題ですが、iPhoneは熱に弱いですから、ただの水よりも危険度は高いです。たとえすぐに救い上げたとしても小さな隙間から浸水している可能性が高いです。

【case3】服のポケットにいれておいて、そのまま洗濯してしまった!

これが一番多いのではないでしょうか。帰ってきて、服を脱いで洗濯機にいれて洗濯をしてしまう。「iPhoneどこにおいたっけ?」と探し回って洗濯した服の中から見つかるケースです。

疲れているとそういうこともありますよね。この場合は、水だけでなく洗剤も混ざっている上何度も洗濯機の中で回転させられているので隅々まで水が回っている可能性が高いです。

何よりもまずは、電源を落としましょう!

もし、水没や水をかけてしまったら何よりもまず電源を落としましょう。

ここがとても大事です。よくあるケースで水没したあとも外だけ水を拭き取って、「起動しているからそのまま使えそう!」と個人で判断して、使用を続けるのは大変危険です。

内部に浸水している水が基盤などに入ってショートを起こしてしまうと完全に起動しなくなってしまうこともあります。そうなるとデータを全て失うことにもなってしまいます。

SIMカードを取り出しましょう!

iPhoneの側面にはSIMカードが入っているトレイがあります。クリップなどを延ばしたときの細い棒上の物を挿し込むことで取り出すことが出来ます。

SIMカードに写真データなどが入っているわけではありませんが、携帯会社との情報データ(電話番号など)が入っているので別の端末にいれることで使用することができます。

水を拭き取り、乾燥させましょう!

ここで初めて水を拭き取っていきます。大事なのはあまりiPhoneの端末自体を振ったりしないことです。振ることで内部に入った水がいろんなところへ回ってしまうので気をつけましょう。

外部は拭き取ることでいいのですが、内部は乾燥させることになります。

1~3日ほどかけて、長期間電源を入れずに乾かします。水が内部に残っている状態で電源を入れてしまうとショートを起こして、完全に起動しなくなってしまうのを避ける為です。

このときにドライヤーなどで乾かしたくなりますが、これはやってはいけません。ドライヤーの熱で内部の基盤が故障してしまったり、風を当てることで水が内部に回ってしまったりするためです。

電源をいれてみる!

長期間乾かして、水もなくなってから初めて電源を入れます。ここですんなり起動してくれれば大丈夫ですね。画面映りやボタン操作、カメラなどに問題がないか確認してみましょう。

そして、早めにバックアップを取っておきましょう。たとえ、復旧したとしても水没してしまったのは間違いありません。次に同じことが起こった時に必ず復旧するとも限らない為、必ずとっておくことをおすすめします。

それでもダメなら修理店へ

起動しない、起動したけど画面が滲んでいる、振動はするけど画面が映らない。そんなときは修理店へもっていきましょう。基盤修理以外の部分であればその部品のみを交換することで直ります。公式の保証(AppleCare+など)に入っていれば保証対象で修理をしてくれます。

公式店では受け付けてくれなかった。公式店では初期化されてしまうといった場合は、iPhone専門の修理店へ持って行きましょう。お店によって価格も変わってくるので事前に確認してから行きましょう。

まとめ

普段から気をつけていてもふとした時に、水没してしまうものです。そのまま放置しておくと今まで残してきたデータを失いかねません。

修理にはお金がかかってしまうので、足が重くなるのもわかりますが早いうちに直しておくことで大きな出費、大事なデータを失わずに済むかもしれません。

「アイアップ」では、iPhoneの水没復旧を行っております。水没復旧は時間が経てば経つほど復旧率は低くなっていきます。水没してしまった際は、すぐに電源を落として「アイアップ」へ持って行きましょう。