iPhone修理のアイアップ

水没修理

このページでは、水没してiPhoneが故障する仕組みや復旧の可能性について詳しく解説していきます。

水没故障の原因

iPbone内部に侵入した水が橋渡しとなって、普段は流れるはずのない箇所に過電流が流れることで故障します。この時に、基板の重要チップがショートしてしまうと修理不可となります。

水没から復旧できる可能性

水没したときの状況や、水に浸かっていた時間、水没後の対応が大きく関わってきます。一般的には、長く水に浸かっているほど復旧できる可能性は低くなります。反対に、水没後にすぐに取り出していれば、内部に侵入した水は少量である可能性が高くなるため、復旧できる可能性も比例して高くなります。

海で水没させると致命的!

海水は、塩などの不純物を多く含んでいるため、水が乾いた後も金属と反応してチップの腐食を促進させます。しかもそのスピードはとても早く、海に水没した翌日にはすでに重要なチップは腐食してしまっていることが多いです。反対に水道水やお風呂であれば、数日後でも復旧する可能性が高いです。

ガラスが割れている場合は要注意!

水没前からiPhoneのガラスが割れていたりすると、隙間から一気に水が浸入しますので、正常な状態のiPhoneよりも水没によるリスクが高くなります。ガラス割れ以外にもバッテリーの膨張で本体が歪んでしまっている場合にも要注意です。

水没後に電源を入れるのは危険

水没後、しばらく放置した後、試しに電源を入れてみたくなりますよね?でもその行為がとどめを刺してしまうことがよくあります。完全にiPhone内部の水が乾ききるまでは絶対に電源を入れようとしてはいけません。もちろん、充電器に接続することもご法度です。

万が一水没してしまったときは?

早急に修理に出すのがベストですが、様々な事情によりすぐに修理に出せないこともあります。その時にできる応急処置をご紹介します。

内部の水を急速に乾燥させる

大量の乾燥材とジップロックを用意して、その中にiPhoneを入れて乾燥させます。しかし、一般家庭に大量の乾燥材は常備されていないはずですのでその際には生米でも代用できます。ジップロックもなければ、ビニール袋でも大丈夫です。密閉した空間にiPhoneを入れて水を吸収させることが大事です。

海水の場合にはもうひと手間

海水に水没した場合に、iPhone内部の水を乾燥させてしまうと塩だけが残り、逆効果になることも。その場合には、流水でよく洗い流してから、乾燥させることをオススメいたします。しかし、完全にiPhone内部に入った海水を外に出すことはできませんので、できればすぐに修理するべきです。

水没修理の所要時間は?

水没修理をするにはiPhoneを完全にばらしてその後、基板を特殊な装置で洗浄し、ばらしたときの逆の手順で元の形に組み立てる必要があります。そのため、他の修理に比べてとても時間がかかります。ばらして組み立てるだけでも1時間ほどかかりますので、それに洗浄時間を合わせると、汚れの程度にもよりますが、1時間半~2時間ほどは必要になります。

まとめ

iPhone修理のアイアップでは即日水没修理が可能です。iPhoneの電源が入らなくて予約が取れないという場合でも、直接ご来店いただければ修理可能ですので、万が一の時にはお気軽に持込ください。