iPhone修理のアイアップ

水没修理

iPhoneは防水機種ではないため、水に落としてしまったり水がかかってしまったりすると故障してしまうことがあります。水没させてしまった際に電源が入っていた場合には、すぐに電源を切ってください。なぜ電源を切ったほうがいいのか、それ以外にもやってはいけないことをご紹介いたします。

水没の際にやってはいけないこと

1、電源を入れる

水没させてしまっても電源を切らずにいたり、充電器を挿しこんだりすると、内部がショートしてしまって復旧率が下がってしまいます。ですので、水没させてしまったときには電源を切り、早めに修理に出すようにしてください。

2、水没してから放置する

水没させてしまったまま時間が経つと、内部がどんどん腐食が進んでしまいます。そうすると修理をした際の復旧率も下がってしまいます。