iPhone修理のアイアップ

ガラス割れ修理

保護フィルムを貼っていたとしても起こってしまうことがあるiPhoneのガラス割れ。オークネット総合研究所が発表した「携帯端末(電話)の修理に関するアンケート」によると、携帯電話の破損・故障・不具合でもっとも多かったのは「ガラス割れ」でした(※1)。その割合はなんと30.7%!実に3人に1人がガラス割れを経験しているのですね。ちなみに、その後修理をしたという方は58.6%。意外にもガラスが割れたまま使い続けている人が多いということがデータから分かります。操作や表示には問題が見受けられないため、修理せず使い続けているということだと思われますが、ガラスが割れたiPhoneを使用し続けるのは、様々なリスクが伴います。ガラス割れの放置がなぜ危険なのか、万が一割れてしまったときにはどうすれば良いのか、具体的な例を挙げご紹介します。

※1 出展:携帯端末(電話)の修理に関するアンケート.pdf

ガラス割れの症例

その名の通り、ガラスが割れてしまっている状態で1mm程度の小さなヒビから画面全体が蜘蛛の巣状に割れているケースなどすべて含みます。

※液晶画面の表示が乱れている場合や液漏れを起こしている場合、タップ操作に不具合が生じている場合については液晶不良修理のページをご覧ください。

よくあるシチュエーション

まずはどうしてiPhoneが割れてしまうのか。その“あるある”シチュエーションから探っていきましょう!

手が滑って落下

もっとも多いのは、やはりこのパターン。iPhoneをケースに入れていないと、本体がツルツルしているので手が滑って落としてしまうという悲しい事故です。特に、立っている時などは高いところからの落下なので、打ち所が悪いとガラス割れの原因になることが多いです。

かがんだ時に胸ポケットからポロリと……

普段はそんなことしないのに、何となくiPhoneを胸ポケットに入れる時、ありませんか? そして、そのことを忘れたまま前かがみになってポロリとiPhoneが落下。床に叩きつけられて、ガラスが割れてしまうというケースです。このケースは水没の原因にも多いので要注意です!

歩きスマホで衝突

ゲームや読書などiPhoneでできることは様々。しかし、その楽しさのあまり、ついつい歩きスマホをしてはいませんか? 周りの人に迷惑なだけでなく、ご自身が事故に遭う可能性もあります。不注意で人と衝突してしまい、その際にiPhoneを落としてガラスが割れた、なんて人も多いようです。

お尻のポケットに入れておいたら……

とりあえずという気持ちでお尻のポケットに入れておいたiPhone。しかし、それを忘れたままドスンと椅子に腰掛けた、なんて経験をお持ちではありませんか? 座る部分の素材や角度によっては、ガラス割れの危険性があるので注意しましょう。

放置することの危険性

不慮の事故で割れてしまったiPhoneのガラス。割れていても問題なく動くからと使用し続けることは、様々なリスクが付きまといます。

ガラスの破片が刺さる

ガラスの破片で指をけがしてしまうことがあります。ソファやベッドに寝転んでiPhoneを触ることのある方は、画面の破片が落ちてきて目に入ってしまうかもしれません。破片が飛ぶことで自分だけではなく他人へけがをさせてしまうリスクもあります。もちろん、人体への影響だけではありません。ガラスの割れたiPhoneをポケットや鞄から取り出すときに、ガラスが引っ掛かり、服や鞄の中身を傷つけてしまうことがあります。ガラスの破片が服やバッグの中に残ると、さらに被害が広がるかもしれません。

二度目・三度目の落下

ガラスが割れたiPhoneは、通常の状態よりもかなり耐久性が下がっています。そんな状態で再度落下したり、強い衝撃が加わったりしてしまったら……。取り返しのつかない事態になることも十分に考えられます。もう落とさないから大丈夫!だとは思わずに、一度ガラスが割れているという事実を思い出しましょう。

水没すると絶対絶命

耐水性能のあるiPhone7以降の機種でもガラスが割れていると水没します。また、直接水没せずとも雨の日などに浸水してしまう恐れもあります。iPhone内部にはロジックボードというメイン基板があり、全ての部品がこちらへ接続されています。ガラス割れなどの破損している状態の端末を水没させてしまうと破損部からあっという間に浸水し基板が水に浸かってしまいます。基板が壊れてしまうとiPhoneが動作しなくなるだけでなく、今まで残してきたデータを全て失うことになってしまいます。

砂埃や塵の侵入

小さなヒビであればそんなに心配する必要はありませんが、ある程度ガラスが割れていたり、割れた際の衝撃でフレームが歪んでいたりするとそこから砂埃や塵などが入って基板がショートする恐れがあります。 「ホコリが入るような使い方はしてないけどなぁ」と考えるかもしれませんが、日常生活の中でホコリが溜まっていってしまいます。犬や猫などのペットを飼っている家庭では破損していない端末でもペットの毛などが端末内に入り込んでいたりします。

自然に劣化することも

水没や砂埃などの侵入以外にもガラス割れは思わぬ誤作動を引き起こすことがあります。最初は表面のガラスだけ割れていたとしても、iPhoneをそのまま使っているうちに割れが広がり、液晶にまで到達することがあります。そうすると、触っていない部分が動いたり、アプリが勝手に立ち上がったりすることがあります。何もしていないのに電話アプリが起動して、取引先の方に電話がかかってしまう、という事態が起こる可能性があるのです。また、液晶の損傷はガラス割れ修理より料金が高くなってしまいます。

まずはバックアップをとっておきましょう

ガラス割れ以外に不具合が出ていなければ取り返しのつかない状態になる前に、まずはバックアップを取っておきましょう。症状が悪化すると最悪の場合、友人・家族の連絡先や、撮影した写真・動画、お気に入りサイトのブックマーク、ゲームアプリのセーブデータなど、iPhoneに保存されていたデータが消えてしまうこともあります。iPhoneのバックアップの取り方は、iCloudを使う方法とiTunesを使う方法があります。この2つは保存できるデータが少しだけ違います。iCloudはWi-FiにつなげればiPhoneだけでバックアップがとれます。Wi-Fiにつながっているときには自動でバックアップをとるので大変便利ですが、iCloudに対応していないアプリのデータはバックアップがとれません。また、無料で使える容量は5GBまでなので、それを超える量のデータを保存したい場合は、ストレージを追加購入する必要があります。パソコンにインストールされたiTunesとiPhoneを接続してバックアップをとる方法では、暗号化の手順を踏むことで、iCloudでは保存できなかった項目のバックアップもできるようになります。iCloudではできなかった通話やLINEの履歴、壁紙やカレンダーの設定、ヘルスケアの情報、ユーザーIDやパスワードの保存も可能です。できるだけ多くのデータをバックアップしたい方にはiTunesがおすすめです。

データそのままで直してもらえることも多い

iPhoneユーザーなら、Apple正規の修理サポート(AppleCare)を利用することができます。iPhoneの購入から1年以内であれば低価格で修理をしてもらうことができます。ただし、Appleの正規店で修理をしてもらう際には、大半のケースで初期化が伴います。そうなったときは自力でバックアップをとり、後からデータの復元も自分で行う必要がありますが、さまざまな事情で難しい方もいるでしょう。データを消したくない方には、Appleストア以外の修理店の利用もおすすめです。初期化せずに画面の取り換えを行ってくれる場合があります。

修理店に持ち込んで、即日修理でリスクを回避!

非正規修理店の強みは、データを消さずに修理が可能なことと、待ち時間が短いことです。Appleの公式ストアである「Genius Bar」は店舗数が少なく、常に混雑しているため、長時間待つことが多いようです。また、家から行ける範囲にストアがない方も多いはずです。Appleでは郵送修理も行っていますが、修理に出している間は手元にiPhoneがなくなってしまいます。郵送修理は通常1週間程度かかるようで、その間iPhoneが使えないのは不便です。すぐにガラス割れを直し、iPhoneを元通りに使いたい方は、近くのiPhone修理専門店に持ち込むことも検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

iPhone修理のアイアップではガラス割れ修理を20分ほどで行なうことができます。お預かり時間が他社よりも短く、事前にご予約いただければ待ち時間も0分です。ガラス割れ以外にもバッテリー交換や水没修理などさまざまな修理サービスがあることに加え、学割、予約割、セット割など、多数の割引制度を実施しています。iPhoneのガラス割れでお困りの方は、ぜひアイアップをご利用ください。