iPhone修理のアイアップ

バイブレータ修理

iPhoneのバイブレータは機種により大きさが違います。バイブレータが故障してしまった時には、マナーモードにしても振動がしなくなってしまいます。バイブレータ自体が衝撃などで壊れてしまうこともありますが、マナーボタンのスイッチが壊れてしまってマナーモードがオンに出来なくなってしまうこともあります。

バイブレータ故障の症例

【症例1】着信時にバイブレータが動作しない

バイブレータが物理的に故障してしまうケースは少なく、単純に設定で、OFFになっている場合が多いです。
設定アプリ>サウンド>バイブレーション 「着信スイッチ選択時」
こちらがONになっているか確認しましょう。また、「サイレントスイッチ選択時」という項目もありますが、こちらがOFFになっているとサイレントモードの場合にはバイブレータが動作しませんので、合わせて確認しておきましょう。

【症例2】充電器に挿し込んだときにバイブレータが動作しない

こちらはiOS9から仕様が変更になっていて、【症例1】と同じ手順で、設定することができます。「サイレントスイッチ選択時をONにして、サイレントモードにした場合に、音の代わりに振動で、正常に充電できていることを教えてくれます。サイレントモードがOFFの場合には、充電器に接続してもバイブレータは動作せず、接続音が一度鳴ります。これでも、動作しない場合には物理的な故障の可能性が極めて高いので、お気軽にお問合せ、ご相談ください。