iPhone修理のアイアップ

液晶不良修理

このページでは、液晶不良が発生する原因やその症状、修理にかかる時間などについて詳しく解説していきます。

液晶不良とは

液晶画面に線が表示されていたり、液漏れを起こしている、画面全体が真っ暗で映らないなど、なんらかの異常が発生している状態を液晶不良と呼びます。ガラス割れやタッチ不良については別ページで詳しく解説しております。

液晶不良が発生する原因

液晶不良が起こる一番の原因はiPhoneの落下時など大きな衝撃が加わった時です。落とした直後は症状が出ていなくても、数日~数週間後に症状が現れるケースも多いです。その他にも、軽い衝撃の積み重ねや雨に濡れるなどの軽い水没などによっても不具合が発生する可能性があります。

修理所要時間について

iPhoneの機種によって修理にかかる時間が異なります。ほとんどの機種では20~40分ほどで修理可能ですが、iPhone4およびiPhone4sに限っては全ての部品を外さなければ、液晶画面部品を取り外せない構造になっているため50分~1時間ほどかかります。

iPhoneの機種

修理所要時間

iPhone X

30~40分

iPhone 8/8Plus

25~30分

iPhone 7/7Plus

25~30分

iPhone 6s/6sPlus

20~25分

iPhone 6/6Plus

20~25分

iPhone 5/5c/5s/SE

20~25分

iPhone 4/4s

50~60分

液晶不良になると……

故障発生時にタッチ操作が可能でしたら、早急にバックアップを取ることをオススメいたします。液晶画面とタッチパネル部品は重なっているためそのまま使っているとタッチ操作に影響を及ぼす場合があります。万が一、iPhoneの画面がタッチ操作不可になってしまうとバックアップが取れないだけでなく着信した電話に出ることもできませんし、メールやLINEなども送信できなくなってしまいます。

液晶画面を修理するには

iPhoneの購入から1年以内であれば、Appleの正規店でAppleCareを使って修理するのが最も低価格で修理できるのでオススメです。しかし、Appleでの修理は予約必須で即日修理は難しいこと、データの初期化が伴うなど緊急時やバックアップが取れない状況には向いていません。そんな時は町のiPhone修理店を利用しましょう。

町のiPhone修理店とは

Appleの正規店以外のiPhone修理店では基本的にデータの初期化を行わないのでバックアップの必要がありません。また、部品があれば予約の必要もなく即日修理が可能となっております。しかし、中には粗悪な部品を使って修理を行っているお店やアフターケアがしっかりしていないお店などもあるので信頼できるお店選びが重要となります。

まとめ

iPhone修理のアイアップでは即日最短20分で液晶不良を修理いたします。事前にご予約いただければ待ち時間もありません。もちろん、修理中でなければ、予約なしでも待ち時間なしで修理することが可能です。液晶不良修理以外にもバッテリー交換や水没修理などさまざまな修理サービスがあることに加え、学割、予約割、セット割など、多数の割引制度を実施しています。iPhoneの液晶不良でお困りの方は、ぜひアイアップをご利用ください。