iPhone修理のアイアップ

イヤースピーカー修理

イヤースピーカーとは、主に通話に使用されるスピーカーで、フロントカメラ部品の傍に内蔵されています。iPhone上部が非常に強い衝撃を受けた場合や水没などの影響で壊れることが多いですが、通常使用していて壊れることはほとんどありません。そのため、通話時に音が聞こえない場合には、スピーカーの物理的な故障よりもOSの不具合の可能性が高いです。

イヤースピーカー故障の症例

【症例1】通話中に相手の声が聞こえない

通話時に相手の声が全く聞こえない場合には、まずはスピーカーモードにして試してみましょう。スピーカーモードでしっかりと相手の声が聞こえる場合には、イヤースピーカーの物理的な故障の可能性が高くなります。反対に、スピーカーモードにしても相手の声が聞こえてこない場合には、OSの不具合や一時的なバグの可能性が高くなりますので、iPhoneを再起動してみたり、設定を見直すことで改善される場合が多いです。

【症例2】通話中に雑音が混じって声が聞き取りづらい

この場合、イヤースピーカーの一部が故障していて、正常に機能していない場合があります。設定の変更などで改善される可能性は低いので、部品交換が必要になります。また、相手側のマイクに問題があるケースもありますので、別の電話で通話してみると、どちら側に原因があるのかを特定しやすくなります。