店舗一覧
町田
淵野辺
横浜
新潟
藤沢
新橋
札幌
高幡不動
小田原

iPhone修理はアイアップへ
iPhone買取
カードOK
学割
PSEマーク

バッテリー不具合

iPhoneの修理の中で、画面割れ・液晶不良の次に多いものが、バッテリーの交換修理です。

iPhoneを長く使っていくためには、バッテリーの交換が必要不可欠になります。

バッテリー不良の際に起きる症例をご紹介いたします。

バッテリー不良の症例

【症例1】充電の持ちが悪い

バッテリー交換にお越し下さるお客様のほとんどの方が、この充電の持ちが悪いという症状です。
充電が100%の状態から使っても数時間しか持たずに充電が切れてしまうというものです。
iPhoneはリチウムイオンバッテリーを使っており、充電を繰り返すことによって充電が出来る容量が減っていきます。
iPhoneの場合は、充電サイクル500回、大体1年半から2年ほどで劣化が始まると言われています。

【症例2】充電残量の表示に異常

充電残量が60%からいきなり30%になったり、残量20%くらいになると電源が切れるといったように、充電残量の表示に異常が起きることがあります。
これもバッテリーが劣化してしまった際に起こる症状となっております。

【症例3】いきなり電源が切れる

充電の残量がある状態でもいきなり電源が切れてしまうようになることもあります。
このままの状態で使い続けていると、いくら充電をしても電源が一切入らなくなってしまうこともあります。

【症例4】画面とフレームの間に隙間が出来る

この症例はバッテリーが関係ないと思われる方もいらっしゃると思います。
もちろん、画面が原因の場合もありますが、バッテリーが膨張してしまっていることもあります。
バッテリーが膨らみ、画面が押し上げられてしまい、画面とフレームの間に隙間が出来てしまうのです。
隙間が出来てしまった時には、バッテリーの可能性も考慮しましょう。

iPhoneが壊れたら、アイアップへ

持ち込みの場合は最短10分。
郵送修理は即日発送。最短3日でお手元にお届けします。
アイアップ
営業時間
11:00~20:00(年中無休)
TEL
0120-964-394
所在地
〒194-0013
東京都町田市原町田4-5-18
仲見世商店街1F

この内容で送信します。よろしいですか?