iPhone修理のアイアップ

バックカメラ修理

iPhoneのカメラの性能は高くなってきています。iPhoneで写真を撮って、そのままSNSにアップする方も多いと思います。基本iPhonenにはカメラは二つありますが、ここではバックカメラの症例をご紹介いたします。

バックカメラ故障の症例

【症例1】カメラを起動するとフリーズする

iPhoneのカメラを起動すると、フリーズしてしまったりシャッターボタンが反応しなかったりホーム画面にすぐに戻ってしまうことがあります。この症状だとバックカメラが故障してしまっていることが多いです。

【症例2】ゴミやほこりが写真に入り込む

カメラで写真を撮る時に、画面にゴミやほこりが映り込んでしまいます。小さい黒い点が映ってしまっているのが、その症状となります。カメラ内部に入り込んでしまっているため、拭いても直らずカメラ自体の交換をしないといけません。

【症例3】ピントが合わなくなる

カカメラで写真を撮るときに、オートフォーカスが機能しなくなってしまいます。こうなってしまうと、写真が綺麗に取れなくなってしまいます。この場合も、カメラの交換になります。