Original

iPhoneの画面が割れた!放置は実はリスクが大きいのを知っていますか

カバーやフィルムで保護していても起こってしまうことがあるiPhoneの「画面割れ」。割ってしまった方の中には、操作や表示には問題が見受けられないため、修理せず使い続けている方もいるでしょう。

 

しかし、画面が割れたiPhoneの端末を放置し続けるのは、リスクが伴うのです。画面割れの放置はなぜ危険か、割れたら何をすれば良いのか、具体的な例を挙げご紹介します。

 

画面割れを放置することの危険性

iPhoneの画面はガラス製です。割れていても問題なく作動するからとタッチ・スワイプしていると、とがったガラスで指をけがしてしまうことがあります。ソファやベッドに寝転んでiPhoneを触ることのある方は、画面の破片が落ちてきて目に入ってしまうかもしれません。破片が飛ぶことで自分だけではなく他人へけがをさせてしまうリスクもあります。

 

人体への影響だけではありません。画面の割れたiPhoneをポケットや鞄から取り出すときに、ガラスが引っ掛かり、服や鞄の中身を傷つけてしまうことがあります。ガラスの破片が服やバッグの中に残ると、さらに被害が広がるかもしれません。

 

不具合はiPhoneの内部にも及ぶことがあります。画面の割れは思わぬ誤作動を引き起こすことがあるのです。最初は表面のガラスだけ割れていたとしても、iPhoneをそのまま使っているうちに割れが広がり、液晶にまで到達することがあります。そうすると、触っていない部分が動いたり、アプリが勝手に立ち上がったりすることがあります。何もしていないのに電話アプリが起動して、取引先の方に電話がかかってしまう、という事態が起こる可能性があるのです。また、液晶の損傷は表面ガラスの修理より料金が高くなってしまいます。

 

動くうちにバックアップをとって修理しましょう

割れたiPhoneは、通常の状態よりもかなり耐久性が下がっています。ガラスの割れ目から水滴やホコリが浸入すると故障の原因になります。また、一見画面の傷だけに見えても、落下したときの衝撃でフレームがゆがみ、その隙間から異物が入り込んでiPhoneが故障してしまうことも少なくありません。

 

故障の度合いが大きければ、友人・家族の連絡先や、撮影した写真・動画、お気に入りサイトのブックマーク、ゲームアプリのセーブデータなど、iPhoneに保存されていたデータが消えてしまうこともあります。取り返しのつかない状態になる前に、バックアップをとって修理しましょう。

 

iPhoneのバックアップの取り方は、iCloudを使う方法とiTunesを使う方法があります。この2つは保存できるデータが少しだけ違います。

 

iCloudはWi-FiにつなげればiPhoneだけでバックアップがとれます。Wi-Fiにつながっているときには自動でバックアップをとるので大変便利ですが、iCloudに対応していないアプリのデータはバックアップがとれません。また、無料で使える容量は5GBまでなので、それを超える量のデータを保存したい場合は、ストレージを追加購入する必要があります。

 

パソコンにインストールされたiTunesとiPhoneを接続してバックアップをとる方法では、暗号化の手順を踏むことで、iCloudでは保存できなかった項目のバックアップもできるようになります。iCloudではできなかった通話やLINEの履歴、壁紙やカレンダーの設定、ヘルスケアの情報、ユーザーIDやパスワードの保存も可能です。できるだけ多くのデータをバックアップしたい方にはiTunesがおすすめです。

 

データはそのままに画面だけ直してもらえることも多い

iPhoneユーザーなら、Apple正規の修理サポートを利用することができます。保証期間が切れていなければ、保証対象外デバイスよりも低価格で修理をしてもらえるのも魅力です。ただ、Appleの正規店で修理してもらう際には、大半のケースで初期化が伴います。そうなったときは自力でバックアップをとり、後からデータの復元も自分で行う必要がありますが、さまざまな事情で難しい方もいるでしょう。データを消したくない方には、Appleストア以外の修理店の利用もおすすめです。初期化せずに画面の取り換えを行ってくれる場合があります。

 

修理店に持ち込んで、即日修理でリスクを回避!

非正規修理店の強みは、データを消さずに画面修理が可能なことと、待ち時間が短いことです。Appleの公式ストアである「Genius Bar」は店舗数が少なく、常に混雑しているため、長時間待つことが多いようです。

 

また、家から行ける範囲にストアがない方も多いはずです。Appleでは郵送修理も行っていますが、修理に出している間は手元にiPhoneがなくなってしまいます。郵送修理は通常1週間程度かかるようで、その間iPhoneが使えないのは不便です。

 

すぐに画面割れを直し、iPhoneを元通りに使いたい方は、近くのiPhone修理専門店に持ち込むことも検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

「アイアップ」はiPhoneの画面割れ修理を行なっております。お預かり時間が他社よりも短く、画面のガラス割れなら30分ほどで修理完了します。画面割れ以外にもバッテリー交換や水没修理などさまざまな修理サービスがあることに加え、学割、SNSフォロー割、複数台割など、多数の割引制度を実施しています。iPhoneの画面割れでお困りの方は、ぜひ当店をご利用ください。

 

iPhoneが壊れたら、アイアップへ

持ち込みの場合は最短10分。
郵送修理は即日発送。最短3日でお手元にお届けします。

人気記事ランキング

企業情報

タグ

iPhoneバッテリーリンゴループサイクルカウントアップデートOSDFUモードライトニングコネクタドックコネクタライトニングケーブル接触不良ガラス割れ画面割れ耐水防水水没ペアリングApple Watch液晶破損起動障害起動不良初期化ホームボタンタッチ不良液晶不良インカメラアウトカメラiPhone6Plus着信音量音量ボタンiPhone6iPhone7iPhone6sタッチパネルタッチ病iPhone5sWi-FiリセットiCloudiTunesバックアップ液晶交換液漏れ画面映らないiPhone5c劣化再起動AssistiveTouch容量不足iPhone7Plusガラス破損フロントパネル破損強化フィルムケースバンパーリング充電ケーブル充電出来ない清掃落下バッテリー交換設定アプリ画面明るさiPhoneを探す紛失追跡電源オフSIMカードrisettoアウトカメラレンズ写真Lightningケーブルヒビ割れ画面交換誤作動画面不良iPhone5寿命iOS充電センサーケーブル近接センサー画面OFF機能イヤースピーカーiPhoneSEライトニングコケーブル画面に隙間バッテリー膨張iPhone6sPlus液晶パネル交換手順リスクガラス修理iPhon7カメラソフトウェアアプリOFF減りが早い交換iPhone4s電池交換買取烈火PSEマークiPhone8画面修理藤沢データそのまま保証 液晶破損AppleCare応急処置淵野辺相模原水没クリーニングデータ復旧iphone修理町田iPhone修理札幌ガラス割れガラス基板修理iPhoneボタンiPhone故障ソフトウェア格安SIMSIMフリーキャリアiPhoneSIMフリーSIMロックiPhoneカメラiPhone写真iPhone動画syasinn高幡不動電源が切れるiPhoneXモデムチップ性能電源はいらない画面浮き膨張水濡れ充電できない画面破損iPhone5s[変色か、鰓カメラレンズ院カメラekisyouhuryouiPhone8Plussupekkuスペック容量大きさサイズアクティベーションロックApple IDパスワード電波復旧方法えき液晶不良]ガラス破損タッチが出来ない液晶ガラスgamennware画面タッチできない

アーカイブ

アイアップ
営業時間
11:00~20:00(年中無休)
TEL
0120-964-394
所在地
〒194-0013
東京都町田市原町田4-5-18
仲見世商店街1F