iPhone修理のアイアップ

Apple Payって何? サービス利用可能なiPhoneのモデルについて

未分類

iPhoneおよび、AppleWatchで使用することができる「Apple Pay」、日本よりも先に海外で先行的に利用されていたサービスですが、iPhone7から日本でもサービス開始したため、使っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、まだApple Payに手を出していない方や、そもそもApple Payって何?という方にサクッとApple Payの魅力についてご紹介していきたいと思います。

iPhoneがSuicaに?

Apple PayとはクレジットカードをiPhone内に登録し、お買い物時にクレジットカードを出さなくてもiPhoneを専用のリーダーにかざせば決済が出来るという物です。日本では「おサイフケータイ」なんて呼ばれていますね!

日頃、電車に乗る人はSuicaが、他にもセブン系列のnanacoがApple Payの非接触型決算サービスという部類に入るかと思います。

海外では既に爆発的に普及している決算方式ですが、日本では今まで非接触型の決算サービスはあまり普及しておらず、Suicaなどの交通系ICカードにとどまっています。

みなさんは普段Suicaなどはどこに入れていますか?お財布やカードケース色々あるかと思いますが、いちいち財布を出すのは面倒ですよね。

iPhoneであれば誰もがすぐに取り出せる場所に入れていると思いますので、お財布をカバンの中から取りだす手間も省けますよね!クレジットカードからの入金も可能ですので、駅に着く前にチャージをしていれば朝などの時間がない際でも電車に乗り遅れることなく、スムーズに改札を抜けることが出来るかと思います。

豆知識ですが、SuicaをiPhoneに登録できるのは日本で販売されているiPhoneのみとなっています。これは海外で一般的に使用されている受信リーダーの規格と日本で使用されている規格が違うため、日本でApple Payを使用できるようにするには受信リーダーを海外の規格に対応させるか、iPhoneの内部パーツを日本向けに作るかという選択肢でした。そのため、日本でのApple Payの展開が遅れたのかもしれませんね!

Apple Payにクレジットカード

クレジットカードにはQuick PayやIDという決算サービスがあるのはご存知でしょうか?対応しているカードであればカードの裏面にロゴマークが記載されているかと思います。Androidでおサイフケータイを使用したことがある方はご存知かと思いますが、クレジットカードを登録しておけばコンビニやスーパーでSuicaの様にタッチで決算ができるというものです。最近ではApple Payに対応なんてロゴマークも見たりしますよね!

ちなみに、Apple Payに対応しているロゴマークが無くてもクレジットカードに対応していたら基本的には決算が可能です。Apple Payという名前をしているだけで使用しているサービス自体はいままでおサイフケータイなどで使われてきたIDやQuick Payなどと同様の決算サービスだからです。

Apple Payでお会計をする際には、コンビニなどApple Payのロゴマークがあるお店では、支払時「Apple Payで」などで通じるかと思いますが、基本的には「IDで」または、「Quick Payで」と言えば対応してくれます。自身が登録しているカードがIDなのかQuick Payなのかの判断は、WALLETアプリを確認するとすぐに分かります。他にも海外ではデビットカードなどにも対応しているようですが、日本ではキャリアから出ているau WALLETなどの一部サービスに限られています。デビットカードは口座残高以上に使用できないので使いすぎの抑制にもなり、万が一盗難されてしまったときにもクレジットカードと比べると安心です。とても便利で安全なので対応範囲を拡大していただきたいですね!

そもそもApple PayってどのiPhoneで使えるの?

日本でのApple Pay対応端末は、iPhoneでは下記の通りです。

  • iPhone7
  • iPhone7Plus
  • iPhone8
  • iPhone8Plus
  • iPhoneX
  • iPhoneXS
  • iPhineXSMAX
  • iPhoneXR

残念ながら、iPhone7よりも前に発売された機種では利用できませんので、注意が必要です。

また、AppleWatchでは、Series2からの対応となっています。

まとめ

Apple Payのメリットは、一度iPhoneにクレジットカードSuicaを登録してしまえば、クレジットカードを持ち歩く必要がなく紛失のリスクがなくなることですね。万が一iPhone自体を落としてしまうと大変ですが、セキュリティが硬いためカードの不正利用がされる心配は少ないです。反対にデメリットをあげるとすれば、地方では利用できる店舗がまだまだ少ないといったところでしょうか。ネットショッピングサイトでの対応も少ないですね。まだまだ日本ではサービスが発展途上ですが、マクドナルドやショッピングモールでも力を入れており少しずつですが、Apple Pay対応店は増えてきています。今後は、Apple Payの対応が進みiPhoneだけ持っていれば生活できる未来になるのではないかと感じています。このような未来もすぐそばまできているのかもしれません。