iPhone修理のアイアップ

iPhone6sのガラス修理はどのように進められるの?

未分類

iPhone6sのフロントパネルは、強化ガラスとデジタイザの2層でつくられており、その周りをフレームが取り囲む構造できています。なお、それぞれは接着材で貼り付けられています。

デジタイザとは入力装置のことで、iPhone6sをタッチ操作するためになくてはならないパーツです。高度な技術が用いられているため、お値段もそれなり。一方で、強化ガラスは比較的シンプルな素材なので、仕入れ先によっては安価に手に入ります。

こうした情報を目にすると「ガラス交換だけをすれば修理費用はかなり安いのでは?」とお考えになる方も多いでしょう。確かにそれは間違いではないのですが、実はiPhone6sのガラス交換というのは技術が必要な作業で、手間も多いのです。今回はそんな、iPhone6sのガラス交換の手順についてご説明します。

壊れたガラスを外す・剥がす

まずはフロントパネル全体をiPhone6sから外します。ネジを取るなどの工程があるのですが、今回は割愛いたします。

次に、壊れたガラスを丁寧に剥がしていきます。ヒビが入っていない状態であればそのまま剥がすこともできるのですが、破損が激しいとより割れが拡がり、デジタイザを傷つける可能性があります。そのため、表面を温めて接着材を溶かしながらゆっくり丁寧に剥がさなくてはなりません。

ちなみに、修理店では特殊な工具を使って作業が進められます。ご自身で交換したいという方の場合は厚紙などを用いることになりますが、非常に繊細な作業なので十分注意しなくてはなりません。

なお、フレームと接地しているガラスを取り除く時にも注意が必要です。力を入れすぎるとフレームが破損してしまう場合も。そのため、工具を使い優しくガラスの除去作業を行わなくてはなりません。

デジタイザの接着剤を落としていく

デジタイザやフレームからガラスが取り除けたら、今度はそれぞれに残っている接着材を落としていく作業を行います。この際にはオイルをシートに含ませ手、何度も丁寧に丁寧に拭き取っていきます。

ちなみに、デジタイザに直接オイルをかけてしまうのはNG。デジタイザにオイルがしみ込んでしまうと、液晶ムラの原因になります。そのため前述のとおり、シートに含ませながらじっくりと作業を進めなくてはなりません。とても根気の要る作業となります。

新しいガラスをつける

デジタイザからきれいに接着材が取り除けたら、次はいよいよ新しいガラスの接着です。まずはガラスをテーブルに置いて、そこにフレームを合わせます。ここでズレがおきると仕上がりが悪くなってしまうので慎重に行います。

次にデジタイザを載せます。作業自体は非常にシンプルではありますが、ガラスには接着材がついているので、ズレがあると非常に面倒です。フレームの時と同様、慎重に作業を進めていきます。

あとはiPhone6s本体にフロントパネルを戻せば作業完了です。

今はiPhone6sなら修理店でも安く直してもらえる!

このように、iPhone6sのガラス交換というのは非常に手間がかかる作業です。慣れていない人だとかなりの時間がかかりますし、少しでも力の入れ具合や工程にミスがあると、故障の原因につながります。また、仕上がりについても技術力が必要です。接着材がフレームからしっかり取り除けていない場合は、“浮き”が出てしまって使いづらく見た目もよくありません。こうした細かな点に気を遣わなくてはならないのが、ご自身の手によるガラス修理のデメリットと言えるでしょう。

一方で、修理店であれば作業のスペシャリストが揃っているので安心です。仕上がりも美しいため、元の状態とほぼ一緒と言えるでしょう。また、今ならiPhone6sの修理費用は非常に安くなってきているので、ご自身で直すよりもおすすめです。

アイアップだからできるスキルの高いガラス修理

アイアップにはさまざまなスマホの修理に対応してきたスタッフが在籍し、日々多くの症状に対応しています。今回ご紹介したガラス修理はもちろん、バッテリーやスピーカー、マイク、充電コネクタ、各種ボタンなど、幅広い修理メニューをご用意しています。

iPhone6sについても知り尽くしていますので、どのような状態でもまずはお持ち込みください。表面的な損傷だけでなく、内部的な故障までしっかりと確認したうえで、最適なご提案を差し上げます。

また、故障状況にもよりますが、基本的にお預かり時間も短めとなっているのが当店の強みです。たとえば他店でガラス割れ修理に1時間かかる作業でも、当店なら30分程度で完了することも珍しくありません。少しでもお客さまがiPhone6sに触れない時間をなくすことを心がけていますので、お急ぎの方はぜひご相談ください。

割引制度も豊富にご用意しています。複数の修理箇所がある場合には同時修理割が適用できるので、この機会にガラス交換と合わせて不具合を一掃しましょう。その他にも、学割やSNSフォロー割、複数台割といったプランもご用意しています。お得にiPhone6sの修理をしたいとお考えの方は、ぜひ当店まで。

まとめ

いかがでしたか? iPhone6sのガラス修理は、このような手順で行われているのです。ご自身でチャレンジしてみるのもよいですが、少しでも難しそうだな、自信がないなと感じるのであれば、修理店への持ち込みを検討してみてください。

この記事を書いた人

伏見侑也

iPhone修理のアイアップ町田店店長。
現場でのiPhone修理はもちろん、自社ホームページの運用も担当しています。