Original

iPhone5sがずっとリンゴを見せてくる…その原因と復旧方法


「iPhone5sの電源が突然付けかなくなり、リンゴマークから先に進まなくなった」というお悩みをお持ちの方は、まずは原因を探ることからはじめましょう。もしもアップデートが失敗しているようなら、ソフトウェア更新で復旧ができるかもしれません。今回は、電源が付けかなくなってしまったiPhone5sの復旧方法についてご紹介します。


iPhone5sがリンゴを表示したままに…原因は?

iPhone5sを起動しようとしても、リンゴマークが出るだけでいつまでも起動しない。こうした状態に陥る原因はいくつか考えられます。


たとえば、iPhone5sを水に濡らしてしまったり、床に落としてしまったり。思い当たる節があるなら、ハードウェアの部分に故障が起こってしまっている可能性があります。この場合は、故障箇所を特定し、部品交換などを行って復旧しなくてはなりません。


しかし、特に衝撃などを与えていないにもかかわらずリンゴループが続く場合は、ソフトウェアにおける問題が考えられます。その中でも、特に多いのがアップデートの失敗です。


iPhne5sなどで使われているiOSは、ユーザーの使い勝手を考え、自動でアップデートが行われるように設計されています(もちろん、手動設定も可能です)。確認画面で「アップデート」をタップした後は、そのまま放置しておくだけなので非常に便利です。


しかし、たとえばアップデート中にiPhone5sを持って外出してしまったり、ルーターの電源がオフになったりといったことがあると、Wi-Fi接続が切れてしまいます。画面上では何の変化もないかもしれませんが、アップデート中はiPhone5sが多くのデータをダウンロードしています。また、アップデート作業がはじまった後も、実はデータのアップロード・ダウンロードは続いています。この際にWi-Fiと接続できていないと、不具合が起こりやすくなるのです。


アップデートが原因の時はPCにつないで「ソフトウェア更新」で対処

リンゴループが収まらず、iPhone5sが起動できなくなっても焦ることはありません。多くの場合、「ソフトウェア更新」を行えば復旧できます。以下で、簡単にその操作手順についてお伝えします。


  1. iPhone5sとパソコンを有線で接続します
  2. iTunesが自動で立ち上がります
  3. 画面上にある「更新」ボタンをクリックします
  4. 確認画面が現れるので、「更新」「次へ」「同意する」といったボタンをクリックし先へ進めていきます
  5. アップデートファイルがダウンロードされるのでしばらく待ちます
  6. ダウンロードが完了すると、自動でアップデートが完了します


以上の手順が完了したら、iPhone5sとパソコンの接続を解除します。ソフトウェア上の問題が解決され、元通り使用できるようになっているはずです。


◎作業前にはバックアップを必ずとりましょう

ソフトウェア更新を行う前には、必ずバックアップをとるようにしましょう。iCloudで自動的にとられるバックアップは、完全ではない場合があります。特に、iCloudの容量をアップグレードされていないのであれば、すべてのデータが保存されていない可能性が高いです。パソコンで全データのバックアップをとっておくと安心です。


基盤自体が壊れていると、個人ではどうしようもない

ソフトウェア更新を行ってもなおリンゴループが続く場合は、iPhone5sの基盤自体に問題が発生している可能性が考えられます。こうなると、ご自身による対処は難しいと言わざるを得ません。また、ソフトウェア更新が途中でエラーになるケースもありえます。


こうした場合は、iPhone5sを修理に出すのが賢明です。なお、修理はApple Storeだけでなく、スマートフォンの修理店でも行ってもらえます。どのような症状が起こっているのか、何が原因なのかをしっかりと調べてもらえるので、ぜひ持ち込み修理を検討してみてください。


◎アイアップならではのiPhone5s復旧対応

アイアップでは、iPhone5sの画面にリンゴマークが出たまま起動しない、といった症状の修理にも対応しています。ソフトウェア更新はもちろん、基盤等の問題についても復旧を行いますので、ぜひお気軽にご相談ください。


「中のデータが消えてしまうと困る……」といったご要望にも、最大限対処させていただきます。ソフトウェア更新や部品交換だけで済む場合は、メッセージやLINEのデータがなくなる心配はございません。なお、状況にもよりますが、修理は基本的に当日中に完了しますので、お急ぎの方もぜひご来店ください。


また、アイアップでは学割やSNSフォロー割、複数台割といった割引制度をご用意しております。その他、同時修理割もございますので、この機会に気になっていた故障箇所をまとめて直してみてはいかがでしょうか。


まとめ

リンゴマークが出続けて起動しなくなったiPhone5sでも、適切な処置を行えば復旧は可能です。まずは焦らずに、今回ご紹介した手順を試してみましょう。どうしても自分では対処できないのであれば、修理店への持ち込みもぜひご検討ください。


iPhoneが壊れたら、アイアップへ

持ち込みの場合は最短10分。
郵送修理は即日発送。最短3日でお手元にお届けします。

人気記事ランキング

企業情報

タグ

iPhoneバッテリーリンゴループサイクルカウントアップデートOSDFUモードライトニングコネクタドックコネクタライトニングケーブル接触不良ガラス割れ画面割れ耐水防水水没ペアリングApple Watch液晶破損起動障害起動不良初期化ホームボタンタッチ不良液晶不良インカメラアウトカメラiPhone6Plus着信音量音量ボタンiPhone6iPhone7iPhone6sタッチパネルタッチ病iPhone5sWi-FiリセットiCloudiTunesバックアップ液晶交換液漏れ画面映らないiPhone5c劣化再起動AssistiveTouch容量不足iPhone7Plusガラス破損フロントパネル破損強化フィルムケースバンパーリング充電ケーブル充電出来ない清掃落下バッテリー交換設定アプリ画面明るさiPhoneを探す紛失追跡電源オフSIMカードrisettoアウトカメラレンズ写真Lightningケーブルヒビ割れ画面交換誤作動画面不良iPhone5寿命iOS充電センサーケーブル近接センサー画面OFF機能イヤースピーカーiPhoneSEライトニングコケーブル画面に隙間バッテリー膨張iPhone6sPlus液晶パネル交換手順リスクガラス修理iPhon7カメラソフトウェアアプリOFF減りが早い交換iPhone4s電池交換買取烈火PSEマークiPhone8画面修理藤沢データそのまま保証 液晶破損AppleCare応急処置淵野辺相模原水没クリーニングデータ復旧iphone修理町田iPhone修理札幌ガラス割れガラス基板修理iPhoneボタンiPhone故障ソフトウェア格安SIMSIMフリーキャリアiPhoneSIMフリーSIMロックiPhoneカメラiPhone写真iPhone動画syasinn高幡不動電源が切れるiPhoneXモデムチップ性能電源はいらない画面浮き膨張水濡れ充電できない画面破損iPhone5s[変色か、鰓カメラレンズ院カメラekisyouhuryouiPhone8Plussupekkuスペック容量大きさサイズアクティベーションロックApple IDパスワード電波復旧方法えき液晶不良]ガラス破損タッチが出来ない液晶ガラスgamennware画面タッチできないiPghoneイヤホンジャック音が聞こえない片方初期あkお風呂ながもち長持ち故障インカメラインカメラ特徴容量いっぱい画面浮き上がりボタンスリープボタンマナーレバー復旧いPhone個人修理工具部品電池いiPhone白い線ヒビ方法復元データ郵送修理梱包がめんそうs画面操作できない減りは早い機能更新simカード格安simsimフリーテレビ動画スピーカーバイブレーション音量っデータ移行データ移行SIMロック解除audocomosoftbankLightningコネクタイヤフォン便利機能スリープ画面ロック購入AppleStoreけーすフィルム機種変更柄sy割れiPadAppleCarPlayAppleWatchLINEアンドロイド比較メリットデメリット便利🔦ライト時計シェイクライトニング向江クタパスコードロックリカバリーモード海水プール円錐水没塩水水没

アーカイブ

アイアップ
営業時間
11:00~20:00(年中無休)
TEL
0120-964-394
所在地
〒194-0013
東京都町田市原町田4-5-18
仲見世商店街1F