Original

やっちゃったことあるかも!壊れたiPhone修理で多い症例は○○

iPhoneを利用しているとどうしても避けられないのが、バッテリー切れや画面割れなどの故障の数々。iPhoneが故障して、まったく利用できなくなったという方もいるでしょう。ここでは修理で多い症例をいくつか取り上げ、それらの原因と対処の仕方を説明します。また、iPhoneの修理店についての紹介もしているので、修理に出す際の参考にしてみてください。

 

バッテリーの寿命が来た…「充電できなくなる」

iPhoneのバッテリー交換は、iPhone修理で最も一般的な例です。iPhoneのバッテリーは寿命があり、使用し続けると徐々に劣化しています。それに伴い利用時間も短くなっていき、たとえ100%の状態に充電したとしても、すぐ電源が切れて使えなくなってしまいます。そして、最終的には、充電そのものができなくなってしまいます。

バッテリーの寿命はアプリで確認することができます。経年劣化によりiPhoneのバッテリーの寿命が来ているようであれば、バッテリーの交換をしましょう。

 

トイレに落とした…「ホームボタンが効かなくなる」

トイレでiPhoneを操作している方は多いようです。不注意でトイレの中にiPhoneを落としてしまうのもよくあるケースです。また、ポケットに入れたiPhoneが出てしまい、トイレに落としてまったということもあります。

 

トイレからiPhoneを取り出しても、水没故障によりホームボタンがまったく効かなくなってしまうことがあります。また、押してもないのにホームボタンが勝手に反応するといったこともよくある症状です。

 

原因としては、内部に水が入ってしまい端子にサビができたことがひとつに考えられます。サビの進行は想像以上に早く、仮に落としたときに何も問題がなかったとしても、後で故障の原因ともなりかねません。最悪の場合はデータが消えてしまう可能性もあるので、iPhoneをトイレに落としまったのであれば、一度修理店に見てもらうのがオススメです。

 

うっかり踏んだ…「画面が割れる」

iPhoneをうっかり踏んで画面が割れてしまわないように気をつけましょう。画面が割れた状態のままでも使用できることがありますが、画面は見えづらくiPhoneの操作もしにくいため使用していてストレスが伴います。

 

また、画面の損傷がひどいとガラスの破片が指に刺さってけがする可能性や、割れた隙間から水やホコリなどの異物が入ってしまい故障が悪化するなど、画面割れは一般的に認識されている以上に危険な状態です。このような事態を避けるためにも、速やかに修理に出すことをオススメします。

 

強く押しすぎた…「ボタンが凹む」

iPhoneのホームボタンや電源ボタンを強く押しすぎてしまい、ボタンが凹んでしまうことがあります。凹みが激しい場合、そのボタンは利用できなくなってしまうでしょう。

 

残念ながらボタンの凹みを自力で直すことはほぼ不可能です。以前のように快適にiPhoneを利用したいのであれば、修理に出してボタンを交換してもらうしかありません。自力で直そうとすると、かえって症状が悪化してしまうので控えましょう。

 

落としてしまった…「タッチパネルが反応しなくなる」

iPhoneを落とすと画面が割れる以外にも、タッチパネルが反応しなくなることがあります。ロックの解除のスライドができない、特定のキーボード入力ができないといったトラブルがよくある症例です。内部に物理的な損傷が起きていなければ、再起動やタオルで画面をきれいに拭いて直る場合があります。また、画面にフィルムが貼られているようであれば、一度はがして確認しましょう。

 

もし、これらの方法で直らないのであれば、画面と液晶に挟まれた薄いパーツ「デジタイザ」の損傷が故障の原因に考えられます。デジタイザはタッチを感知する重要な機能を持っており、自力で直すことはできません。デジタイザの損傷が疑われるようならば迷わず修理に出しましょう。

 

よくある故障は修理店ならすぐに直せます

新品のiPhoneは購入して1年以内(AppleCare+加入者だと2年)であれば、保証対象となってAppleの無償のサポートサービスを受けられます。iPhoneが故障した際は、まずはこのサポートが受けられるかどうかを真っ先に確認しましょう。

 

もし、サービスが受けられないようであればiPhone専門の修理店に出しましょう。修理店は、通常よりも安い料金でiPhoneの修理をしてくれます。ただ修理店によって料金や修理にかかる時間も異なるので、少しでもお得に修理したいのであれば、事前によく確認しましょう。

 

まとめ

iPhoneが故障してしまう原因はさまざまです。普段からどんなに注意を払っていても、故障をしてしまうこともあります。そのようなとき、故障の原因は何であるかを突き止めさえすれば、すぐに対処することができます。

 

ただし、画面割れやバッテリー交換、タッチパネルが反応など、実際には自力で元に戻せない故障が多く、お金がかかってしまうのが事実です。だからといって故障をそのまま放っておくとさらに悪化しかねないので、できるだけ早めに修理に出しましょう。

 

「アイアップ」、お客様のiPhoneに起きたさまざまなトラブルに対して修理対応を行なっています。お困りの際は、「料金の安さ」「スピード対応」「データの保全」が自慢の「アイアップ」をご利用ください。

 

アイアップ
営業時間
11:00~20:00(年中無休)
TEL
0120-964-394
所在地
〒194-0013
東京都町田市原町田4-5-18
仲見世商店街1F

この内容で送信します。よろしいですか?