iPhone修理のアイアップ

iPhoneSEの画面が浮いている?それはバッテリーの膨張が原因かも!

未分類 iPhoneSEの画面が本体からズレて、少し浮いてきていることがないでしょうか? このような画面浮きは、バッテリーの膨張によって引き起こされることがあります。現段階ではなにも問題がないように見えても、この状態を放置し続けることで、やがては大きな故障につながることも考えられますから、注意しておきましょう。こちらでは、iPhoneSEの画面浮きとバッテリー膨張の関係についてお伝えします。大切なiPhoneSEを今後も使い続けるために、これからご紹介するような症状がみられたら、すみやかに専門業者で修理することをおすすめします。

iPhoneSEの画面浮きはバッテリーの膨張によるもの

長年iPhoneSEを使っているうちに、本体から画面部分が浮いてしまっていないでしょうか。このようにiPhoneSEの画面が浮いてしまう原因のひとつに、「バッテリーの膨張」があります。バッテリーが膨張すると、やがて内側から押し上げられるような形で、画面と本体の間に隙間ができるようになります。 iPhoneSEの画面浮きは、初めのうちはそれほど見た目も気にならず、それほど大きな問題には感じられないかもしれません。しかし、この時点で修理を行わなければ、最終的にさらに大きな修理が必要になって費用がかさみ、最悪の場合はデータが失われるおそれもありますから、ご注意ください。 このような画面浮きは、専門業者でバッテリー交換をすることで、症状を改善することが可能です。バッテリー交換を行うと、電池持ちなどパフォーマンスの悪さといった症状も改善されます。お使いのiPhoneSEを快適に使い続けるためにも、画面浮きがみられたらすみやかに専門業者で修理を依頼しましょう。

バッテリーの膨張はなぜ起きる?

iPhoneSEのバッテリーが膨張してしまうとき、いくつかの原因が考えられます。まず考えられるのは、バッテリーの劣化です。iPhoneSEのバッテリーは、充電時や放電時に膨らんだり縮んだりを繰り返しています。ところが、劣化によってバッテリーが膨らみ続けるようになると、最終的には膨張してしまうのです。バッテリー膨張がみられたら、iPhoneSEの使用年数を確かめてみましょう。 ほかにも原因として、過充電が考えられます。iPhoneSEは、充電が完了するとそれ以上は充電できないように切り替わります。ところが、iPhoneSEを充電ケーブルに接続しながら使用すると、充電と放電が同じタイミングで行われるため、バッテリーに大きな負担がかかってしまうのです。このような過充電は、バッテリーを膨張させてしまいますから、充電しながらの使用は避けてください。 また、iPhoneSEを高温所で使用したり、あるいは高温所へ放置したりするのも、バッテリーを膨張させる原因です。iPhoneSEを安全に使える温度は、16~22度となっています。炎天下の車内をはじめとした場所では、これよりも気温が高くなるために、バッテリーに大きな負担がかかります。膨張の原因となりますから、高温所では使用および放置をしないようお気をつけください。

バッテリーの膨張を放置するとどうなる?

iPhoneSEのバッテリー膨張を放置すると、画面浮きがさらに進行します。画面が本体から浮き上がるだけでなく、やがては本体と画面の間に隙間ができるようになります。同時に、充電してもすぐに電池がなくなるなど、バッテリーの性能が悪くなりスマートフォンの使い勝手が悪くなるでしょう。 このような状況を放置してしまうと、やがてiPhoneSEのタッチパネルが反応しなくなったり、ホームボタンを押しても反応しなくなったり、画面の表示に異常が現れたりする原因となります。また、iPhoneSEの本体内部に異物が入りやすくなり、思わぬ事故や故障の原因にもなり得ます。画面浮きがみられたら、専門業者へ修理に出すとともに、これ以上の悪化を防ぎましょう。

画面浮きを感じたら早急に修理店で新しいバッテリーに交換しよう

iPhoneSEの画面浮きは、放置してしまうことで、より大きな故障へとつながるおそれがあります。バッテリーの膨張が原因と考えられるときは、すみやかに専門の修理店でバッテリー交換を行いましょう。 iPhoneSEは、購入から最長2年間はApple care+の保証が利用できるようになっています。しかし、比較的古い機種であるため、すでに何年間も使い続けている方が少なくないでしょう。保証に入っていない方や、保証が切れてしまった方は、専門業者に依頼することをおすすめします。 iPhoneSEのバッテリー交換の相場は、4,000~8,000円が目安です。交換後のバッテリーは2~3年使い続けることができるため、今後も大切にiPhoneSEを使い続けたい方は、専門業者で修理に出してみてはいかがでしょうか?

まとめ

iPhoneSEの画面浮きは、バッテリーの膨張が原因かもしれません。バッテリーの膨張は、長年の使用による劣化や、過充電などによって引き起こされます。画面浮きを直すためには、専門業者でバッテリー交換を行いましょう。画面浮きが改善されるだけでなく、電池持ちなどのパフォーマンスも改善がみられ、さらに交換後のバッテリーは2~3年使用可能です。iPhoneSEを快適に安全に使い続けるために、バッテリー交換はぜひアイアップへお任せください。