ガラスが割れてタッチも効かないiPhone6s 横浜市神奈川区よりご来店

iPhone修理のアイアップ > 横浜店 >

ガラスが割れてタッチも効かないiPhone6s 横浜市神奈川区よりご来店

2017-07-13 23:33:10 +0900

みなさんこんにちは!!

 

アイアップ横浜店です(`・ω・´)ゞ

 

iPhone6sの修理で、お客さまがいらっしゃいました。

 

「いらっしゃいませ!(^◇^)」

 

「ガラスが割れてしまって、直したいんですけども。。。(´・ω・`)」

 

「タッチ操作も効きませんね。」

 

「はい、でもそうなる前までは、問題なく使えてました。」

 

「わかりました。となるとガラスの割れから液晶自体もやられているので、液晶パネルごとの交換になりますね!お値段が〇〇円です。」

 

「はい、わかりました。」

 

「それとお時間30~40分ほど頂きますが問題ないでしょうか。」

 

「はい、じゃあその間出かけてきます(*'▽')」

 

「はい、ではお預かりします(^◇^)」

 

今回は液晶パネルの交換になります。

 

まずはiPhone下部側面にある、Lightningケーブルの差込口の両端についているネジを取り外します。

 

そして、ホームボタンの右下あたりから、フロントパネルとバックパネルの隙間にヘラをいれてやり、テコの原理で液晶を浮かせゆっくりと開いていきます。

 

そうすると液晶パネルから、伸びている3本のコネクタがロジックボードへと接続されているので、それを外したくなるのですが。。。その前に!!!

 

バッテリーから伸びているコネクタがロジックボードへと接続されているので、必ず先にこちらを外してやります。

 

これを先に外さないと、電気が流れたままフロントパネルのコネクタを触ることになるので、故障に繋がってしまします(*'▽')b

 

その後、フロントパネルから伸びている3本のコネクタを取り外し、フロントパネルとバックパネルの切り離しが終わりです!

 

この後、フロントパネルの裏の上部にセンサーケーブル・スピーカー、下部にはホームボタンがあるので、これらをドライバーを使い外していきます。

 

これらの部品は流用となり、新しいフロントパネルへ取り付けます(*'▽')b

 

上部のセンサーケーブルについては、通話相手の声や近接センサーの機能に関わる機能を持ったケーブルなので、慎重に取り外します。

 

下部のホームボタンには、Touch ID(指紋認証)の機能が入っているので、こちらも慎重に取り外します。

 

最後に、フロントパネル裏に固定してあるバックプレートを取り外し、分解は終了です。

 

このあとは上記手順を遡り、新しいフロントパネルへ取り付けて完成となります(´っ・ω・)っ

 

動作の確認もバッチリ(*^^)v

 

~30分後~

 

「おまたせしました。こちらが修理後の端末です。」

 

「おぉ、動きますね!ありがとうございました(*'▽')」

 

本日は、ご来店誠にありがとうございましたm(_ _)m

 

iPhone修理のiup(アイアップ)横浜 オフィシャルサイト

 

TEL 0120-958-905

 

http://www.iphone-up.jp/yokohama.php